プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

浅尾大輔「支部の人びと」(「民主文学」16年2月号)

 冒頭の文章のあまりの下手さに、ちょっと呆気にとられた。小学生の作文だってこんなにひどくない。浅尾大輔はどうしてしまったのか。
 だが、むかし「ロスジェネ」で読んだ彼の作品が興味深いものであったことと、その冒頭がやはりちょっとひどかったことを思い出して、ともかく読んでみた。読み進むにつれて文章は整ってきたが、でもまったく素直な文章というわけではない。ところがやがて馴染んでくる。その文章がなんだか心地よくなってくる。彼の文章には文体感覚がある。ありきたりではない。個性的な文体であるのは確かだ。文学の匂いがする。それでもところどころ意味のとれないところはある。この書き方はおかしい、ここはこう書くべきだろうと思いついたりするが、いちいち立ち止まっていてはきりがないので、分かりにくいところは飛ばして読む。飛ばしてもまあ大意はつかめる。
 一地方の40代の共産党女性町会議員の視点で始まるが、そして最後まで彼女が主人公なのだが、視点はめまぐるしく移動する。ドキュメントタッチなのだ。新聞記者が取材に行って一人一人にインタビューしてまとめあげたという感じ。一人一人の心の中に立ち入って書く。これはこういう形を意識した小説なのである。
 登場人物は膨大である。百枚に満たない短い作品に、何十人も出てきて、それを一人一人書き込むのである。もちろん完全には書けないのだが、なかなか要点をつかんで書いており、一人一人がたいへん魅力的である。
 何を書いたのか。
 共産党という一つの政党の、いちばん先っぽの一支部に、これだけさまざまな個性を持った魅力的な人々がいるぞということを書いたのだ。共産党と一言で言っても、単純じゃないぞ、これだけ複雑なのだぞということを書いたのだ。そして浅尾大輔独特の複合的な文体が、この人々の集合体に現実的なふくらみを与えている。才能を感じさせる作品である。
 ただ疑問を言えば、これは共産党だけの話である。共産党というのは小さな世界だ。その外には広い世界がある。その広い世界に住む人たちが読んだとき、この小さな世界を理解できるだろうか。
 ぼくは党員ではないが、人生の途上で密接にかかわってきたので、公平な判断ができない。党と無関係な読者の感想を聞きたい。
 あと気になった点二つ。
 主人公二ノ宮ハルミの元夫のこと、結婚から離婚に至る経過がまったく書かれていない。それでいて離婚の原因は自分にあったのだと反省してみたりしても、イメージが湧かない。他の人物についてずいぶん詳しく書いているだけに、これはどうしたことだろうと思う。
 最後に最も気になった点。
 後半以後になって作者らしき人物が登場してきて、いきなりストーリー展開上の重要な地位を獲得してしまう。これはまずかった。この人物は登場するべきではなかった。これは最大の失敗である。
 作品から少しだけ離れるが、いま10代から20才そこそこの人たちが政治の舞台に登場してきて注目を浴びている。古い活動家が焼きもちを焼くのではないかと心配していたが、この作品を含めて「民主文学」で目にしたもの以外にはあまり情報もないわけだが、その限りでは、どうやら杞憂だったのではないかとほっとしている。
 思うに、ずっと活動してきた人たちは、活動の成果がなかなか現れないことに苦しんできただろうし、だからいま若い人たちがどっと登場してきたことは、彼らにとって純粋に喜び以外のものではないのだ。
 逆に、若いときに運動から離れてしまった人々のほうが、置いていかれるような焦りを覚えているようにも思える。彼らは活動してきていないので、時代の変化を体で感じとっていないし、ただ頭の中で栄光の過去を思い浮かべるだけなので、現代の動きに全くついていけないのだろう。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す