プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

日韓和解

 日韓合意がズタズタだ。これに関してはいろんな立場からの意見があるが、2年前にぼくが書いた文章を再録する。基本的にいまも同じ考えである。

 日韓和解 15年12月30日

 日韓和解はアメリカの軍事戦略に沿うものであり、アメリカ政府の最も歓迎するところである。そんなことは常識だ。でもだからといってこれを歓迎しない向きがもし左翼の一部にあるとしたら、彼らは左翼の名に値しない。資本主義国どうしが仲良くするのは気に食わないという社会主義者がいるとしたら、彼らは社会主義者ではない。
 いかなる戦争にも反対するのはスパイだそうだが、スパイけっこう、ぼくはいかなる戦争にも反対だ。すべての国が仲良くすべきだ。まして韓国と日本とは親戚のようなものではないか。ここでいがみ合いながら、世界平和や、人類の理想や、社会主義を語ることはすべて無効である。
 北東アジアで重要なのは、ここをアメリカと中国の覇権争いの場にさせないことだ。そのために一番必要なのが日韓の和解である。日韓が和解すればそれを中国との関係改善につなげることができる。そうすればアメリカの目論見に反して、かえって、この地域でのアメリカの役割がなくなってしまう。沖縄の基地も必要なくなる。北朝鮮問題だって、簡単に解決だ。いまはその第一歩で、日韓和解で躓いている段階なのである。
 報道によると合意が成立したそうである。これが第一歩になる可能性もないことはない。そうなることを願う。しかしぼくは懐疑的である。
 問題を蒸し返すなと安倍君は言う。けれども事実を見れば、問題を蒸し返しているのはいつも日本側だ。慎太郎や橋下やその他有象無象の政治家や言論人たちから、折に触れて歴史否定発言が飛び出してくる。そしてそれを日本の政府・与党がたしなめない。言論の自由だと言って放置してしまう。これに韓国世論が反発し、この世論を抑えきれない韓国政府が態度を硬化させるのだ。
 こういうことは99%今後も起こる。日韓は元の木阿弥になる。それを望んでいるのが右翼ばかりか、自称左翼にもいることが残念だ。
 安倍君が本気で日韓和解する気なら、まず自分の支持者たちに対して、言葉を慎みなさいと要請するべきだろう。彼らの考えは変わらないのだから、せめてそれを口に出させないようにせねばならない。
 だが、安倍君の言葉を読む限り、彼にその意図があるとは思えない。彼はむしろ韓国に対して黙りなさいと言っている。
 日本政府と国民とがこのような態度をとり続ける限り、北東アジアでのリーダーシップはアメリカと中国に握られ続ける。情けないではないか。日本は自国の周辺で何の役割も果たせないのだ。
 過去の過ちと正面から向き合うことが出発点である。そこからしか日本の新しい歴史は始まらない。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す