プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

大仏次郎賞および大仏次郎論壇賞

 読めてもいないし、たぶんずっと読めないだろうが、その紹介記事に興味を持たされた。
 大仏次郎賞のほうは済州島事件の当事者として、心の闇に苦しみながら日本語で詩を書いてきた金時鐘の回想記。事件を内部から書いたという意味でも関心を呼び起こされるし、またそれとは別に、詩人として、民族の言葉と民族の思考方法の関連について示唆しているらしい部分にも興味を引かれる。
 一方、論壇賞は経済学である。72年生まれの井手英策「経済の時代の終焉」。自由競争とグローバル化がもたらす社会の分断と格差を解決する手立てとしての「普遍主義」を提唱している。
 紹介記事を読んでいて、高原さんが追及しているものと似ているなと感じた。というのはつい先日、ぼくは高原さんを論じて、「理念で運動は起こらない。運動の主体を見いだすことが必要だ」と書いた。
 井手英策の考察の向かう先も、改革の主体をどこに見いだすかということではなく、改革のための理念の提起から制度の設計へと向かうものであるように思われる。その内容は高原さんとは異なるが、理念の追求を重んじる点の共通性を見た。
 そしてそれも必要なことなのだと気付いた。
 21世紀の改革は、ブルジョワからプロレタリアに権力が移りさえすればパラダイスが来るなどといった単純なことではもはやありえない。
 人間社会は複雑化している。この複雑化の方程式を解いていく作業は必要だ。
 もちろんマルクスが言ったように、社会の理想モデルを描いても、その実現手段がなければ何にもならない。主体の問題は欠くことができない。だが理念は、この主体を生みだす要因のおのずからなる一部であるとともに、主体が主体たることを保障するものでもあり、その先にはまた、制度設計も必要になってくる。
 不破哲三が「ゴータ綱領批判」を引いて、「社会の形はその時代の社会が決める。必要なのは分配の形態ではなく、生産手段を誰が所有するかということだ」と述べてレーニンを批判し、ソ連を批判した。
 国際共産主義運動史という特殊な世界の内側(つまりソ連においてすでに社会主義が実現したのか否かというところに発するイデオロギー論争)では必要な批判だったのかもしれないが、現代の開かれた世界に持ち出せば、もうまったく無意味な批判である。
 所有という問題は経済学的にも政治学的にも社会学的にも単純な問題ではない。そこには複雑な制度設計が必要で、それがなければ成り立たない。
 そして分配の問題は核心的問題である。現在最も重要な問題なのである。それは所有問題に先だって論じられねばならないし、それを論じることなしには所有問題を提起することすらできはしない。
 運動というものを考える際に、そこにはいろんな要素が加わってくる。もっとも単純な例で言えば、「60年代のカッコ悪いデモなんかしたくない。もっとセンスの良いデモがしたい」ということひとつとっても、それは運動の単なる戦術ではない。運動の本質にかかわる問題なのだ。
 つまり我々のめざす社会が画一化された糞面白くもない社会なのか、それとも個人のセンスが最大限尊重される社会なのかということは死活的な問題である。
 そういった様々な問題がある。
 うすうす気づいていたことではあるが、高原さんの仕事に対するぼくの疑念には、もちろんそれをすべて捨て去るつもりはないけれど、一方的なところがあったかもしれない。そういうことを今回感じた。
 そしてもうひとつ、ピケティも脚光を浴び、今回も同じ問題提起である。現代資本主義に対する批判がさまざまに現れている。
「真正」左翼に言わせればそれは資本主義の延命を図るスパイ御用学者たちの企みだということになるのだろう。どう考えるのも勝手だが、新自由主義経済学の全盛時代は崩れつつある。いまやその構造的欠陥が明らかにされつつある。そしてその周辺で試みられるすべての考察にはそれぞれ耳を傾ける価値があるだろう。
 もうひとつ。何年か前、「人々は空想的社会主義からやり直そうとしているように見える」とぼくは書いた。空想的社会主義、すなわち理念と制度設計である。科学的社会主義が失敗し、色褪せたいま、もう一度ロバート・オーエンやフーリエへ帰ってやり直すことが必要とされているのかもしれない。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
560:「何かを始めるに必要なこと」と「所有」「粒度」二版     20151225、二版 題に「粒度」を追加1229  高原利生 by 高原利生 on 2015/12/30 at 00:25:12 (コメント編集)

「何かを始めるに必要なこと」と「所有」「粒度」二版     20151225、二版 題に「粒度」を追加1229

石崎徹「大仏次郎賞および大仏次郎論壇賞」 http://maganetoru.blog.fc2.com/blog-entry-826.html2015年12月24日 へのコメント    20151225、二版1229  高原利生

コメント558を改版して高原利生ホームページに載せた。コメント558の内容自体は、直す必要を感じない。ホームページ追加分の粒度についての部分を追加して二版とする。
なお、年末で雑用もあり、書き物もあり、石崎さんのブログには励まされることが多いのだが、応答はできないかもしれない。

1.「大仏次郎賞および大仏次郎論壇賞」
http://maganetoru.blog.fc2.com/blog-entry-826.html
で触れられた「井手英策「経済の時代の終焉」は、読んでいない。
朝日新聞に2015年5月19日、見田宗介さんの「オピニオン」での対談「歴史の巨大な曲がり角」、
最近ネットに載った法政大学総長の発言
と同様の趣旨であろうか。読んだ二つは、成長の時代は終わったという基調のものであった。見田さんへの批判は高原利生ホームページに載せている。
なお、人が何かを始めるには、1.主体と対象、2.原動力が同時に全部要ること、原動力のきっかけは、価値、理念と書いている。当たり前だが、十数年の弁証法論理の検討結果である。

2.石崎さんが、「所有という問題は経済学的にも政治学的にも社会学的にも単純な問題ではない。そこには複雑な制度設計が必要で、それがなければ成り立たない。
 そして分配の問題は核心的問題である。現在最も重要な問題なのである。それは所有問題に先だって論じられねばならないし、それを論じることなしには所有問題を提起することすらできはしない。」
と言われているのは、全く違うと思う。

分配の問題は今すぐ誰でも(という意味は資本主義内でも、という意味)解決できる問題である。所有問題は、全く、これと粒度、次元の違う別の問題で、資本主義を変える問題である。マルクスが最初に1844年、提起したのは、対象との関係を所有ともその対極の帰属とも違う新しい関係を作ることだった。それが私有=私的所有の弁証法的否定である。マルクスは1844年以降この課題を狭くして解いてしまった。
石崎さんの言われる所有は、これと違う「今の」法的私有で、この所有問題は、今まで数十年に渡って左翼によって議論されてきたが、全くピント外れだった。左翼は、問題を理解できない、しない、取り組もうとしない、これはどれも同じことである。

これについて、2013年11月末から12月にかけて、石崎さん、植田さんとも何度も議論をしたつもりだった。
「労働(高原氏のコメントから)2013年11月28日 (木)」についてのコメント
http://maganetoru.blog.fc2.com/blog-entry-248.html#comments 
高原のコメント139 http://maganetoru.blog.fc2.com/blog-entry-248.html#comment139(以下同じ表記)
 高原のコメント140、133、144、143、145

ホームページでもあちこち述べていることは、マルクスの欠点は、所有を法概念と間違えて狭い「マルクス主義的定式化」をしたことである。何冊かマルクスを読めば明らかだと思うこのことに、左翼が誰一人気付かないというのはなぜだろうか?

もうひとつのマルクスの問題は、彼の弁証法の使える範囲が狭すぎることである。所有問題については提起だけで何もできないのに対し、これについては多少努力してきた。弁証法の基本は、矛盾と粒度の管理であった。

粒度という言葉が理解しにくいようなので、「弁証法論理の構造と中川の『6箱方式』」[FIT2015]より一部を引用する。論文では、本論を述べる前に使用概念の意味を短く説明しないといけないので、[FIT2015]でも8ページの論文の初めの2ページを概念の説明に使っている。その一部である。
理工系ではソフト分野で同じ意味に使ってきたので、比較的に理解される。
ただ、2005年時点では、プログラムのステップ数がソフトウエアの粒度だったので、粒度を空間的時間的大きさと定義してしまっている。これを直すのに数年かかった。
これに対し、矛盾は一般の理解が難しい。TRIZは矛盾として「問題」を解決する手法だから、TRIZシンポジウムでは理解され易いが、一般の学会ではそうはいかなかった。

1. 準備:粒度、オブジェクト、網羅
まず、事実がある。本稿では、事実を、今の「もの」の現象に限らず観念も歴史も含む対象の一切として扱う。事実に存在と関係(運動)の二種がある。存在にものと観念の二種がある。
最小の基本概念は、粒度、オブジェクト、(論理的)網羅である。粒度は(論理的に)網羅された中にあることが望ましいので(論理的)網羅も基本概念に加える。この基本概念の意識的展開で矛盾とその解を求め、価値を実現する。

粒度[FIT 2005改][TS2012改]
粒度は、扱うものの無数の可能性の中の空間的時間的範囲と、扱うものの持つ無数の属性(後で説明する広義の)属性の中から着目し選んだ(広義の)属性である[FIT2005改] [TS2012改]。粒度の定まった「粒」も、単に粒度ということにする。粒度は、扱うものの単位である。
ある粒度の前提で、論理,方法はその粒度間の関係である。粒度が異なると論理,方法は異なる。粒度が間違っていると論理,方法を間違える。今は通常、粒度は意識されないので、殆ど、論理,方法が違ってしまう。

オブジェクト[FIT2004,05][TS2005,07,08][THPJ2012]
事実を認識し変更する対象であるオブジェクトは事実から知覚によりある粒度で切り取られ表現される情報である。
切り取られたオブジェクトの外部に対する具体的規定が(広義の)属性である。[以上FIT2015]

粒度と言う概念は、マルクスがなぜあのように考えたのかを考えた末に思いついた。考えついてみると当たり前のことだった。

レーニンやサルトルは、定義を嫌った。物事を固定的にとらえてしまうから、というのが理由であった。
しかし、どうしても従来の意味を変えないといけない時があり、今はその時である。その時には、従来の意味を含むようにして変えている。粒度、オブジェクト、矛盾、網羅などもそうである。
粒度を、ソフト分野で使われている意味を含んで定義しなおした。2005年だった。粒度についてだけで短い論文を一つ書いている。「オブジェクト再考3-視点と粒度-」[FIT2005, K-085] である。高原利生論文集1にある4ページのものである。多分これは分かり易い。
高原利生論文集3
http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/2015Papers/Takahara-Biblio3-2015/Takahara-Biblio3-151102.htm にリンクがある。オブジェクトとは何かが、二年かかってやっと分かる中で書いたものである。
この当時から少し意味が膨らんでいる。

高原利生ホームページの「弁証法論理の準備及び概要」に、粒度管理を行う根源的網羅思考と、粒度の原理--粒度を決める原理、粒度が決める原理、粒度の運用原理--をまとめているのでご覧いただきたい。

このうち、粒度の運用原理は、
・議論や論文など相手を納得させる必要のある文では、網羅の中からどういう理由で粒度を特定したかを分からせる必要がある。一文でこれらを全て記述するのは不可能であるので、数文で、全体の中の位置と、その全体の中では書かれた内容が網羅された中から選ばれたことを示す必要がある。それができれば、書くものがどれも全体であることが示される。
これは、形式論理でなく、価値を実現するための事実の論理において、正しく事実を変更するために守るべき前提である。
これが、今、最も欠けている。世の中の論理は、粒度がそもそも意識されていないので、現にいかなる結論も、一見「論理的に正しく」導かれている。極端なのは、例や一部の属性の提示が、ニセ「証明」に代わる場合である。原発が、必要なことも必要でないことも、今は、その不必要性や必要性という属性の一部をいくらでも列挙でき、一見、もっともな説明が、それぞれの立場から行われている。
・一連の思考、議論の論理の中で粒度は変えてはいけない。
・粒度と矛盾で課題は網羅されている。したがって、常に、今の何かを論理的に網羅することと、今の矛盾の粒度を特定することのどちらかが課題である。今の何かを論理的に網羅することが済んでいれば、今の何かの全体の中の位置が分かる。

粒度を意識せず論理を展開するから、左翼に限らず、今の世のように間違った結論が多くなり、議論がかみ合わない。正しい粒度と矛盾を中心とする弁証法は、民主主義の基本であるはずだが、実際には、野卑で声の大きいものが勝つ。

野卑な人は、想像だが、思考が粗雑で低能になるという欠点もある。演説や政治報告で、全く間が抜けた妙な力み方をして、粗雑で低能としか思えない人も、見る人によっては、気迫がこもっていると見えることがあるらしい。粒度の意識がないと、例えば、一般と個別、特殊を間違えた、間が抜けた妙な力みの粗雑さでも、野卑に大声で言うと、気迫のこもった「正しい」論理に聞こえてしまう。極端な例は、例を示されると証明されたと思ってしまうことである。これは自分にもある。自戒せねばならない。
正しい粒度と論理が民主主義の基本である。多数決は非常手段である。
粒度を間違えるとそれによる論理も間違ってしまうのに、今、ほとんどの人に粒度の意識がない。
それで、左翼に特にひどいだけで、世のほとんどの議論に、粒度違いによる正しくない論理と結論が横行している。間が抜けた妙な力み方の、大声の粗雑で低能な粒度と論理とそれによる結論が、多数決でまかり通っている。民主主義はなく多数決ばかりである。

粒度と論理は同時決定される。つまり両立して初めて成り立つ。本来の矛盾だということである。
自然や人間界でも大きな粒度で見ると、矛盾は二項の「闘争」であると比喩的に見えることがある。
これを個々の人の判断や行動の場で見ると、矛盾は、差異解消という通常の変更作業か両立の運動なのである。
同時決定される粒度と論理だが、粒度を先に決めよう、決めるべき、ということを、高原は言っているに過ぎない。
粒度と論理で、あらゆる物事は網羅されている。その限り、これ以外に必要なものはない。
「今の」粒度を超えることは、正にマルクスやダーウインが決定的に行ったことである。これは、形式上、どんな「発想法」にも入っている(TRIZに9画面法がある)。
これ以外に粒度を「超える」ことは、論理に関係のない別の何かをすることになり、議論や思考には関係ないとしか思えない。

3.石崎さんが、「科学的社会主義が失敗し、色褪せたいま、もう一度ロバート・オーエンやフーリエへ帰ってやり直すことが必要とされているのかもしれない。」
と言われているのも違う。初期マルクスに帰るだけで十分であると思う。

経済学哲学手稿で問題意識を全開した後、ドイツイデオロギー、共産党宣言と、徐々に問題意識を絞り、それ故に「マルクス主義」が定式化できたという理解が左翼の理解であろう。
僕は、経済学哲学手稿以降、「問題」は狭まる一方で、資本論は、単純すぎるモデルによる壮大な失敗作だと思っている。
ただ、マルクスは、資本論や弁証法的方法を含めて間違ったことは言っていない。分業は悪だとかちょっと言い過ぎの間違いを除き、吉本隆明の言うようにほぼ100%正しいことを言っている。段々、分業は悪だと言い方は少なくなっていったようである。これは神戸女学院大学の石川教授に質問して聞いた。マルクス研究者の間では常識なのだろう。
問題はマルクスの言っていないことにある。
それを補完することをせず、自分の理解できた狭い「正しさ」に固執して、自分の意見に反するものを罵倒してきたのが左翼だった。

今の左翼の、自分の理解できた固定観念に合うものには賛成、合わないと誤解したものには全否定という傲慢な「態度」は完全否定すべきであるに対し、空想的社会主義者の態度には、今なお受け継ぐものは多いと思う。マルクスや空想的社会主義者に限らず、結論より彼らの態度を学ぶべきと思う。
人が何かを始めるには、1.主体と対象、2.原動力が同時に全部要ること、原動力のきっかけは、価値、理念なので、しつこいが、石崎さんが彼らを評価する「粒度」とは異なるかもしれない。

下記を追記している。
・高原利生ホームページ「右翼と左翼?」「マルクスの欠点、マルクスについての欠点、落差二つ」など

559:感想 by 植田 与志雄 on 2015/12/26 at 09:50:10 (コメント編集)

植田です。横から失礼します。
石崎さんは、所有は複雑で後回し、分配はその前に今取り組むべき重要問題、分配を考えることで所有の問題も影響を受ける。分配は今そこにある現実問題、所有は理念的な上部概念だが分配という現実からの検証を受けて点検されねばならない、と言っているように思いました。
高原さんは、議論の枠組みとして粒度に引き付けて違うよと言っている。粒度は違うけれど、粒度を超えた議論や発想も時には必要ではないかなと私は思いますが、、、。

558:「何かを始めるに必要なこと」と「所有」   2015年12月25日  高原利生 by 高原利生 on 2015/12/25 at 09:12:28 (コメント編集)

「何かを始めるに必要なこと」と「所有」

(すみません。石崎さんに指摘され続けている欠点ばかりの失礼なコメントになっています。今、特に時間がないので、このままで失礼します。2015年12月26日)

石崎徹「大仏次郎賞および大仏次郎論壇賞」
http://maganetoru.blog.fc2.com/blog-entry-826.html2015年12月24日
へのコメント 2015年12月25日  高原利生

1.人が何かを始めるには、1) 主体と対象、2) 原動力が同時に全部要ること、原動力のきっかけは、価値、理念とあちこちで書いています。当たり前のようにみえますが、十数年の弁証法論理検討の結果です。

2.石崎さんが、「所有という問題は経済学的にも政治学的にも社会学的にも単純な問題ではない。そこには複雑な制度設計が必要で、それがなければ成り立たない。
 そして分配の問題は核心的問題である。現在最も重要な問題なのである。それは所有問題に先だって論じられねばならないし、それを論じることなしには所有問題を提起することすらできはしない。」
と言われているのは、全く違うと思います。

分配の問題は今すぐ誰でも(という意味は資本主義内でも、という意味です。左翼からは異論が出るでしょう)解決できる問題です。
所有問題は、全く、これと粒度、次元の違う別の問題で、資本主義を変える問題です。
所有問題は、今まで数十年に渡って左翼によって議論されてきたが、全くピント外れでした。左翼は、問題を理解できない、しない、取り組もうとしない、これはどれも同じことです。

2013年11月末に石崎さんとも何度も議論をし、ホームページでもあちこち述べていることは、マルクスの欠点は、所有を法概念と間違えて狭い「マルクス主義的定式化」をしたことです。何冊かマルクスを読めば明らかだと思うこのことに、左翼が誰一人気付かないというのはなぜだろうかと思います。

もうひとつのマルクスの問題は、彼の弁証法の使える範囲が狭すぎることです。所有問題については提起だけで何もできないのに対し、これについては多少努力してきました。

3.石崎さんが、「科学的社会主義が失敗し、色褪せたいま、もう一度ロバート・オーエンやフーリエへ帰ってやり直すことが必要とされているのかもしれない。」
と言われているのも違う。初期マルクスに帰るだけで十分であると思います。

経済学哲学手稿で問題意識を全開した後、ドイツイデオロギー、共産党宣言と、徐々に問題意識を絞り、それ故に「マルクス主義」が定式化できたという理解が左翼の理解でしょう。
僕は、経済学哲学手稿以降、「問題」は狭まる一方で、資本論は、単純すぎるモデルによる壮大な失敗作だと思っています。
ただ、マルクスは、資本論や弁証法的方法を含めて間違ったことは言っていない。分業は悪だとかちょっと言い過ぎの間違いを除き(段々、「分業は悪」と言い方は少なくなっていったとある教授が言っていた)、吉本隆明の言うように、ほぼ100%正しい。
問題はマルクスの言っていないこと、言っている粒度(空間時間、属性)の外にあります。

下記に追記をしています。(本コメントの追加を下記に書いている、同時に、ブログへのコメントと異なり、ホームページは、随時、改版しています。2016.01.18追記)
・高原利生ホームページ「右翼と左翼?」「マルクスの欠点、マルクスについての欠点、落差二つ」など

▼このエントリーにコメントを残す