プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

木沼さんへ

 メールをありがとうございました。嬉しいメールだったので、こちらで公開で返事を書きます。
「ノロ鍋」と「盗難」を縦書に変換して読んでくださったとのこと、掲載した「まがね」が余っていたのに、お送りすればよかったです。たしかに小説は横書では読みにくいですよね。
 <と言った>という箇所の多いのが気になったという点、ご指摘のとおりです。ぼくが日本文学をまるで読まずに翻訳ものばかり読んでいたので変な癖がついたのです。欧米の小説は平気で<と言った>を繰り返します。でも日本語でそれをやられると気になるということに最近気づき、極力使わないようにしはじめました。「まがね」では若干修正しているかもしれません。ブログ掲載の方が早かったので……。
 2009年に退職し、2010年に「まがね」に復帰して、最初に書きはじめたのが「ノロ鍋」でした。30枚くらいのつもりで書いていたのが終わらなくなって、50枚くらいのところでやめればよかったのですが、その続きが書きたくなって、「まがね」には長すぎるということになりました。そこで「盗難」を最初から50枚と決めて書き始めました。ところが締め切りに間に合いそうになくなって、「三郎の不思議な日々」という児童文学でお茶を濁しました。結局締切りが大幅に延びたのですが……。
「盗難」は11年の秋の号に載せ、「民主文学」の推薦作に応募したものの、一人強く押してくださった方はいたのだけれど、他の審査員の賛成を得られず、落選しました。
「ノロ鍋」は13年に前篇、後篇に分けて載せました。じつはこれは11年だったか、「民主文学」新人賞に応募したのですが、一次審査も通らずに終わりました。「まがね」への掲載後、サークル誌評でコテンパンにやられました。
 どちらも未熟な作品です。30年間書かずに来ましたので、すっかり腕が落ちていました。どちらの作品も現場の描写の分かりにくさを指摘されました。ぼくとしては説明したくなかったのです。いっさいの説明を排して、読者をじかに現場に連れて行く、という気持ちがあったのです。その気持ちは間違いなかったと思うけれど技術がそのレベルに達していませんでした。自分のレベルを認識できていなかったのだろうと思います。いまなら丁寧に説明します。
 登場人物も、もう少し丁寧に書くべきだったと思います。
 ただ、内容的には、「民主文学」の評論家たちとの間にどうしても妥協できない点があります。ぼくにはぼくの「労働者観」があります。これは絶対に妥協できない。そしてたぶんその点でぼくと「民主文学」とのあいだにはしっくりこないものが残り続けるだろうと思っています。
 ブログを始めたのは、「ノロ鍋」が新人賞を落選し、長すぎて「まがね」にも載せられない、載せると大変な金がかかるということで、ただで読んでもらうにはブログが最適だと思ったからです。当時は「ノロ鍋」の欠点をまだあまり自覚できていませんでした。ところがブログというのは長い小説を読んでくださるような方は最初から寄り付かない場所ですね。勘違いしていたのです。いままでに読んでくださったのは、ときどきコメントを下さる高原利生さんと、あなたが二人目です。
「ノロ鍋」と「盗難」のあと、現場ものをもうひとつ書きかけて150枚まで書いていました。でもごたごたが続いているあいだに、すっかり意欲を失ってしまった。
 40年間現場で働いていたので、材料はいっぱいありました。でも小説というのは、そのときに書かねば駄目ですね。現場を離れて数年が経過すると、もうそんなことはどうでもよくなってしまったのです。
 ひとつには労働現場の変化の激しさがあります。労働環境も労働も労働形態もそして労働者自体もどんどん変化します。現場を離れてしまうともう今の労働が把握できない。過去のことを書いても何をいまさらという気がします。ぼくが労働や労働者を書きたかったのは、どの小説を読んでもそこに描かれている労働も労働者も違うと感じたからです。だからそれに対抗してぼく自身の眼で見たほんとうの労働者を書きたかったので、ありきたりの労働者なら最初から書く意義はありませんでした。
 誰も読んでくれない小説を読んでいただけたことがうれしかったので、つい長々と自分勝手なことを書きました。「まがね」はいずれまとめてお送りします。
「福ミス」の二次審査が迫っております。たぶんあと一週間くらいで決まります。駄目だとは覚悟していますが、一応その結果を待って今後のことを考えたいと思っております。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
514:無名作家 by 木沼駿一郎 on 2015/09/07 at 05:44:26

 追記です。
 私の知っている作家では
「天見三郎」と並ぶ筆力が、石崎さんには
あると思います。

513:石崎さんの中編小説 by 木沼駿一郎 on 2015/09/07 at 05:14:55

 石崎さん、おはようございます。昨日、体の調子が悪く昼間、3時間ほど爆睡したおかげで、眠れずに早く目が覚めてしまい、書き込みをすることにしました。現場を描くということが、民主文学系では昔から言われていました。
 民主文学でも掲載される小説は、夫婦間、家族問題、介護や老後のことなど、私小説的なものが多いです。労働現場を描いた作品でも、ITの職場などで、石崎さんが3Kと言われている現場をこれでもかと描いているのに、まず感心しました。登場人物でも、渋井など、面白いと思いました。それと、民主文学ではあまりない、ユーモアがあるのには感心しました。
 現在、職場でも難しい状況であると思います。戦う労働者を描いても、絵空事になってしまう。私は、熱田五郎という作家が好きです。同じような雰囲気を感じました。失われた夜のためには、椎名麟三的な世界を感じました。共産党活動から離れて、頭の中にある帝国を小説にしょうとしている僕。
 4作読んだ感じでは、ミステリ小説の文体はどのようにしているのかと思いました。
 島田荘司は、文章は二の次で謎とかトリックとかを重視しています。福ミスを読んでも、江戸川乱歩賞と比べると、読むのがつらい文章が多いです。
 純文学とエンタメの文章を分けないで書いていたのは、松本清張です。
 余談になりますが、民主文学の新人賞にわたしも応募したことがり、一次も通らなかったです。書く傾向が民主文学とは違うなと思い、読者ではありますが、入会はする気がありません。
 もっとも、現在ではエンタメ(ミステリ)しか書かないですが。
 4作読んで、本にしました。できあがったらお送りします。
 では、これからもお付き合いをお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す