プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

「あなたを寝に行く」余秀華

 きょう、この星に降り立ったひとつの才能が、ぼくの心を打ち砕いた。なにも言うことはない、読んでいただこう。けさの朝日新聞から。(著作権が問題になれば削除します)

「中国の大半を通り抜けてあなたを寝に行く」 余秀華(訳:張競)

 実を言うと、あなたを寝ることとあなたに寝られることはそう変わらない、いずれも
 二つの肉体が衝突する力、この力が押し開いた花である
 いずれもこの花が作り出した疑似の春は命が新たに打ち開かれたと誤解させたことだ
 中国のほぼ全土で、あらゆることが起きている:火山が噴火し、川の流れが枯れている
 誰も関心を寄せない政治犯と流民たち
 銃口にさらされている路上の麋鹿(しふぞう)や丹頂鶴
 私は弾丸雨飛の中をくぐってあなたを寝に行く
 私は無数の暗夜を一つの黎明に押し込んであなたを寝に行く
 無数の私が疾走し一人の私になってあなたを寝に行く
 むろん私も何匹かの蝶々に導かれ岐路に迷いこんだことがある
 いくつかの賛美を春だと勘違いし
 横店と似た村を故郷と思ったことがある
 しかしそれらは
 すべて私があなたを寝に行く理由である

                註 「横店」は作者の住んでいる村の名前
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す