プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

柔道、剣道

 デボーリン氏が柔道について書かれています。本文にはしませんので、最新コメント欄をクリックしてお読みください。ぼくはスポーツ全般に無知だが、柔道は特にわからない。日本の伝統スポーツが国際化するおりに生じる問題があるようです。
 甥が剣道をやっていますが、剣道はオリンピックの種目にならないねと言ったら、「ならないほうがいい。柔道のようなことになったら困る」と言いました。国際化にともなって日本的なものが崩れていくのを嫌がるようです。たとえばビデオ判定とかが導入されると、一本の意味が変わってしまう。経験を積んだ審判が現場で見たときにそれが一本として判定できるかどうかということであり、カメラの目とは違うのだと。
 懸念している内容はなんとなくわかるのだが、国際化に伴う変化を拒否すべきなのかどうかというと、判断の難しい問題ですね。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
484:剣道 by デボーリンの墓守 on 2015/07/30 at 22:37:24 (コメント編集)

剣道はまさに「オリンピック競技にならないことで剣道の武道としての原点を守る」という姿勢です。
その結果として、当然ながら国際的にはあまり普及していません。1970年から3年ごとに世界選手権が行われていますが、男子団体は韓国が1度優勝しそれ以外はすべて日本優勝、女子団体はすべて日本優勝、個人は男女ともすべて日本選手優勝です。
それでも現在の剣道に不満で、「剣道の格闘技としての原点に戻る」ことを掲げる少数派剣道団体も存在しますが、法人格が取得できないなど苦しい運営を強いられているようです。
剣道の競技人口が国際的に広まらないばかりか日本国内でも減っているのは、「つまらないから」だと思います。実際、経験者以外で剣道の試合を見て楽しむ人がどれだけいるでしょう。
剣道人口減少を論じたサイトでも、「単なる競技としてみた場合、剣道ほど楽しみの少ない競技はないでしょう。」と書いてあるほどです。つまらない競技はすたれて当然だと思います。

▼このエントリーにコメントを残す