プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

高原氏への植田氏の回答

(石崎)しかるべき反論と思われるので、以下にコメントから本文に移す。おそらく両名のテーマに微妙なずれがあり、そこからくる食い違いであろう。いずれのテーマも興味深いものであり、参考にさせていただく。

 高原氏への植田氏の回答

*ご批判有り難うございます。
 批判されている部分は、遺伝子と自我の話の中で自我の説明に必要な範囲で「情報」に触れたところです。情報一般について述べているわけではありませんし、このテキストはとても短いものです。このテキスト部分に関しての議論なら納得ですが、言及していない部分があることを以て「あいまいだ」と思われたり、言及していない部分に対して「誤っている」と指摘されたりしているように感じて少し驚いています。
 例えば、このテキストで言及していない部分に関してはもしかしたら、高原さんや石崎さんと植田は同じ意見であるかもしれませんよね。実際に高原さんのこの批判の中にたくさんの同意点もあるのです。不同意点★と同意点●について簡単に書きます。

★(高原)物質が精神/情報より根源的:ものなしに、情報も事実もない。情報がものから離れるということ自体が妄想。物質なしに観念も関係もない。情報が物質から離れるということ自体が妄想である。

植田:テキストの中に物質が根源的であることを否定するところはありません。しかし自身を生み出した脳細胞から離れて思想や知識や学問は存在し伝搬、拡散します。脳細胞なしに情報は生まれませんが、脳細胞で生まれた思想は文字や音声によって母体から離れて体外に実体化されて存在できます。ただし文字や音声といった物質やエネルギーに担われていなければ存在できません。そういう意味では情報がものやエネルギーから離れることはないのです。ここも否定していないのです。情報を負荷しないモノは存在せず、物質に負荷されない情報は存在しない、ここは植田も同じです。テキストではここまで言及していないだけです。

★(高原)非物質的財にも所有権はある:資本主義において「非物質財」の所有権は確立していて、資本主義下の所有権によって十分「非物質財」は発展してきた。

植田:資本主義では非物質的財は特許権、著作権、といった擬制的所有権(フィクション)によって物理的基盤がないことを補ってきた。分ければ減るものだったら擬制的所有権を発明する必要はなかった。この制度は内容の公開と引き換えに独占的権利(所有権)を時限的に認めるもので、発案者のインセンティブと公共の利益である技術の拡散を同時に満足させる巧みな制度だったので非物質財が発展した。

★(高原)非物質財も使えば減る:「非物質財」も、使うと「減る」。状況が変われば、「物質財」は微小な変更でもそのままでも「非物質財」を維持運用するためには変え続けなければならない、変えないと価値が減るからである。
植田:掛け算のやり方は他人に教えても自分の掛け算のやり方が失われたりはしません。
 リンゴは他人に分ければ確実に自分の持ち分は減ります。非物質財は使っても別けても減らない、これは情報財の財としての定義でもあるのです。しかし効用は少し事情が異なります。一度聞いたらもう知ってしまっているから二度聞く必要はない、二度聞いても効用は増えない、同じ情報を2個もっていても効用は増えない、つまり限界効用は0です。ソフトはバージョンアップを続けないと価値を維持できない、これは元のソフトが減ったりしているわけではないのです。昔の知識が現在の知識によって置き換えられる、昔の知識が間違いだったら、これは負の財であったということ、不十分だったら置き換えはプラスアルファで、いずれも元の財の増減ではない。財の増減と効用の増減は必ずしも一致しない、財が減らなく効用は減る、逆もまたあり、これはよくあることです。高原さんは効用の増減を財そのものの増減と同じとみなしていませんか。

●同意点:「非物質財」は「物質財」に担われてのみ存在する。遺伝子情報がものに担われてのみ存在するのとまったく同じである。
植田:前述の通り、同意します。
●同意点:「非物質財」と「物質財」の関係はますます濃くなりつつあり、「物質財」に埋め込まれた「非物質財」は、すでに「物質財」より圧倒的に大きくなっている。
植田:非物質的財(具体的にはコンピュータプログラム)が物質的モノに組み込まれることによって、形態変化を伴わずに機能、効用が生成される商品化が急発展しつつある。これはプログラムという非物質財がモノから独立に商品化されて存在できているからこそ、多様なモノに埋め込まれることが可能になっているからではないでしょうか。

*「植田は安易なアナロジーで飛ばす」とのご指摘、その通りです。
 ここでの私の姿勢は浅い理解のまま水面をたたきながらジャンプを繰り返し遠くまで飛ぶ石に似ています。遠くまで飛ぶことに意味があると思える事柄には丁寧で慎重な姿勢は薄れます。使えそうな材料はなんでも使いたいのです。石は水面に留まることは出来ずすぐに沈んでしまいます、沈む前にジャンプです。モスクワ大学大学院の入試問題に「水面を沈まないで人が走るには時速何km必要か」というのがあったことを思い出しました。
 演算子法をつくったO.ヘヴィサイド(1850~)は演算子法が数学的な厳密性に欠けるとの批判に対し、「私は消化のプロセスを知らないからといって食事をしないわけではない(“I do not refuse my dinner simply because I do not understand the process of digestion.”)」といったのが有名ですが、気持ちだけは似ているかも。
 高原さんは物事の深い根本を根源にまで沈潜して探求なさるのが得意ですよね。私にはできないのです。私は水平、高原さんは垂直、互いに織り糸のように必要なものと思います。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す