プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

高原さんへ 資本の論理

「民主文学」の作品への感想も含め丁寧に読んでいただいているようで、恐縮です。
 政治方面の読書は全くできていないので、従来どおりの感想しかないのですが、資本の論理(もしくは原理)を超える新しい原理と聞くと、ぼくの考える方向とはやはりだいぶ違うなと感じざるを得ないのです。そういうものの探究も必要なのかもしれません。ただぼくにはそれは理想主義に見えてしまいます。ぼくが考えるのは、隣のご主人は何を望んでいるか、隣の奥さんは何を望んでいるかということです。そういうレベルでぼくはものごとを考えます。
 ぼくには理想というものはとても危なっかしいものに見えます。いまの生活の中で何が不満なのか、どうしたいのか、そういう具体的な生活レベルから考えていきたい。
 いまの政治や社会がなぜ人々の願いを実現できないのか。左翼と人々の願いとは深いところでつながっていると思えるのに、一向に左翼が人々を引き付けないのはなぜなのか。
 ぼくはそれを理念の不足だとは考えません。イデオロギーを掲げて人々を引っ張っていく政治は危なっかしい。何をどうするかは人々が話し合って決めるべきです。誰かが誰かに押し付けるべきではありません。
 ぼくが考えるのは、そういう方向へと政治や社会を進めていくための具体的方途です。いまの左翼に何が足らないのか、と堂々巡りをしているようですが、それを理念よりも、具体的な運動形態、組織形態の問題として考えたいのです。
 運動に決定的な理念が不足していて、それさえ発見すればすべてはうまくいくのだとは考えません。もちろんその時々の政治的スローガンは必要です。政治は現象としてはパフォーマンスにほかならないと考えるので、アッピールは大切です。
 でも現実から遊離した理想で人々を引っ張っていくことは危険です。根底にはっきりした現実主義が必要なのです。

 別のテーマですが、帝国の論理と資本の論理と書かれています。受け取り方が間違っているかもしれませんが、ぼくが理解しているのは次のようなことです。政治家はしばしばイデオロギーで物事を考えたがる。八紘一宇、大東亜共栄圏、社会主義、あるいは自由、民主主義、人権。でも実際には政治の背後にあるのはいつも経済であり、経済を裏切るイデオロギーは常に失敗に終わる。
 要するに世界は常に利権をめぐって争っているのです。ただ政治的指導者はそれを認めたくない。あれこれの理屈をつけたがる。そして自分でその理屈を信じてしまう。それがしばしば経済的利益と矛盾してしまうのです。こうして破綻した指導者は追放される。
 この経済的利益の衝突は、第二次大戦の終結まで欧米諸国を常に殺し合わせてきました。第二次大戦後、彼らは陰で戦ってきた。アメリカとイギリスの戦いももちろんあったし、アメリカとフランスの戦いも、ベトナムで、コンゴで、中近東でありました。それにまた一国の中でも、ひとつの支配体制の中で複雑な戦いを展開している。アメリカでいえば共和党と民主党の戦い、その同じ党内もいくつもの利益やイデオロギーに分裂している。海兵隊とCIAだってぶつかる。
 こういう裏話は面白いし、小説のネタになる。でも、それは結局戦国大名どうしが戦っているようなもので、百姓はやはり支配されていることに変わりはありません。でも彼らの戦いを利用することはできる。その中には人々にとって有益なものも含まれている。そういう意味ではすべての勢力に対してレッテルを張るのでなしに、丁寧に見ていく必要はある。でもそういう戦いが何か歴史にとっての基本的な戦いであるかのごとく主張する田中宇氏には違和感があるのです。そういうものをぼくは謀略史観だと、つまり、本当に必要な歴史理解から離れて、枝葉のところで歴史を論じていると感じるのです。
 ちゃんと読まずに発言しているかもしれません。いまのところのぼくの感じ方です。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す