プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

Pity's akin to love

 Pity's akin to love 可哀想だた惚れたって事よ。
 ぼくはこの句を太宰治で読んだとばかり思っていたが、「三四郎」だった。与次郎による珍訳として出てきた。出典を間違えながらも印象に残った句である。広田はこれを全然ダメと言って批判するが、ちょうど現れた野々宮が、名訳じゃないかと評価する。たぶん漱石自身まんざらじゃなかったのだろう。同情は愛に似る、というくらいの意味だろうが、浪花節にしたところに味があるわけだ。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す