プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

コメントに

 直近のご両名の方、コメントありがとうございました。
 人の意見の多様さをつくづく感じております。古本屋さんがぼくを批判するのも無理のない面もあるので、ぼくは齢のわりに知識が貧弱です。ぼくが書いているのは、ただ「ぼくはこう感じる」ということだけです。それについて論争するだけの知識はないので、ぼくが読んだなかで共感するのはどれであるかということだけを書かせてもらっています。
「もっと勉強してから発言しろ」と言われればそのとおりかも知れませんが、でも人は勉強するにせよしないにせよ、結局のところ共感したりしなかったりするし、それを表明する自由くらいはあるでしょう。
 すべての人がすべてのことについて専門家になれるわけではない。専門家でなくともそれなりに意見は持つし、持てば表明することになります。もちろん、それを批判するのは自由です。批判はありがたく頂戴します。で、頂戴してどうするか。たぶんそれっきりになります。納得しがたい批判は多いし、誤読されていると感じることもしばしばですが、反論し始めると終わりのない論争になっていきます。これは意味のないことです。
 お互い言いっぱなしでいいじゃないですか。どうせすぐには一致できないことなのだから。ただ人々のさまざまな意見に接することができることをもって収穫とすべきだと思います。
 近頃特に感じるのは、何が正しい意見かということよりも、世の中にはどんな意見があり、人々は何を考えているのかということのほうがより興味深く思えるということです。
 あまり人の意見に接するような人生ではなかったので、人間というものの多様性に改めて興味を持たされています。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す