FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

美味しんぼ

「美味しんぼ」が槍玉に挙がっている。かつて「浪人」と名乗る人がこのブログにコメントを寄せてきた「フィクションで何を書き、何は書かないか」という問題に通じてくるのかもしれない。フィクションという形で(真偽が保証できない形で)、書くべきではないという主張だ。一方で表現の自由の問題があり、「美味しんぼ」を読んでいないので、何とも言えない。
 ぼくとしてはそれよりも、書かれているらしいことの真偽そのものが気になる。
 それは小保方問題でもそうだ。論文不正の有無のみが問題とされたが(テレビでは小保方さんの髪形や服装がテーマになったそうだが、おバカテレビは相手にしないとして)、ぼくが気になるのはSTAP細胞の有無である。もしこれが本当にあるとすれば、それは生物学の常識を覆す大事件だろう。その前には論文不正の問題など小さな問題にすぎない。
「美味しんぼ」問題について言えば、政府、財界、一部自治体、および彼らがわの学者たちの透明性を欠いた態度、隠蔽体質こそが問題なのであって、それゆえ人々の不安はぬぐえず、真偽定かならぬものも出てこざるを得ないのだ。
 放射能被害は出てくるまで時間がかかる。そして出てきたときはもう遅い。リアルタイムで真実がすべて公開されねばならない。
 漫画界には「イチエフ」も現れた。実際にイチエフで派遣労働している人が描いている。漫画は社会の先端を走り始めた。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す