FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

推敲

 だいぶサボったが、推理小説を再開した。たぶんまた止まるだろうが。
 小説を書く人なら誰しもそうだと思うが、勢いに乗って書きなぐっているときが一番楽しい。傑作ができたと思い込む。しばらくして読み直してみると全然よくない。それから推敲に取り掛かるが、これが徒労とも思える苦行だ。
 円城塔が受賞作の中で書いていたが、一箇所直すと全体とのバランスがおかしくなる。一箇所のために最初から読み直してみなければならない。ここもおかしい、ここもと直しているうち、全体がぎくしゃくしてしまう。古い原稿を読み直してみるとそっちのほうがよほどましだと思えて、推敲の結果を全部捨ててしまったりする。
 司馬遼太郎は推敲しないと書いていた。文章は勢いだ。推敲すると勢いを失う由。彼の文章ならさもありなん。
 だが、微妙な雰囲気を、直接書かずに表現したいと思う者にはそうはいかない。永年書かずに来たのでなおさらだ。かつての勘がなかなか戻ってこない。
 その上に言葉を忘れる。いま浮かんだ言葉が、書こうとすると消えている。これを表現するのに一番ふさわしい言葉がいま浮かんだと思うのに、どうしても思い出せない。
 それでも一度取り掛かると、ある程度苦行を持続できる。一番困難なのは取り掛かる気持ちになれるまでだ。気が乗らないまま取り掛かってもうまくいかない。だんだん自分を盛り上げていく。
 そして最後は体力勝負になる。油に乗ると徹夜してでも書きたいが、身体が参ってしまいそうなので、一番いい時に中断せざるを得なくなる。そして明日はまた一からやり直しだ。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す