FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

都知事選

 おおかたの左翼人士の見解にあらがい、またいまさら言っても手遅れのことを言う。ぼくは間違っているかもしれない。だがこれがいまの時点でのぼくの考えだ。
 都知事選を原発問題での都民投票とする選択肢はありえたと思う。
 議会選と違って知事は一人しか選べない。敵が一人か、あるいは二人以上でもその政策に著しい違いがない場合には、負けると分かっていても対立候補を立てることで選択肢を示すべきだ。だが二人の候補の公約に明らかな違いがあり、それが重大な違いである場合、自陣営の候補にまったく勝つ見込みがないならば、真剣な検討をする必要がある。
 細川の原発政策が必ずしも信頼できないとか、その他の問題、生活や労働、安保、靖国、秘密法の問題で彼が向こう側に立ったらどうするのかとか、細川、小泉、菅の過去の問題、総じて彼らを信頼できないという問題はたしかに存在する。
 だが、宇都宮には勝つ見込みはまったくない。宇都宮への票は単に舛添への支援票にしかならない。宇都宮に投票することは、細川よりも舛添の方がましだと判断することになる。
 ことはおそらく個人としてどちらがよりましかという次元を超えている。原発が争点になっている。反原発票が二つに割れれば、終わったあとで、足せば原発支持票よりも多かったといってみても、すでに負け犬の遠吠えである。一人の候補を選ぶ投票は住民投票としては特殊な評価にさらされるのだ。たといプラスすれば多数派であろうとも、現実に割れた以上、負けなのだ。
 結果は安倍路線の全面的信任として受け止められるだろう。それは原発に限らないだろう。
 細川が立ったことが宇都宮への妨害なのか。しかし細川が立たないとしても宇都宮には勝つ見込みはなかった。それは批判票でしかありえなかった。結果として、細川への票は宇都宮よりも少ないかもしれない。しかし分裂選挙と統一選挙とはおのずから違ってくる。宇都宮では統一は無理だが、早い時点で細川に統一できれば、1+1が2をはるかに超えたかもしれないのだ。
 個人の人気に頼ることは危ういというが、しかし個人の人気は利用せねばならない。早い話、無名のぼくがここに何を書いても誰にも影響を与えないが、有名人が同じことを書けば、それに心を動かされる人々がいるのだ。
 この降って湧いた選挙は、もしかしたら大きな変革のチャンスかもしれなかった。普通の市民の感性を勇気づけ、彼らを運動へと立ちあがらせる契機となりえたかもしれなかった。しかし人々はすでにその可能性を見捨ててしまった。
 ぼくはエジプト革命の経緯との類似を見てしまう。イスラムと世俗派とが反軍政の一点で共闘して現実にこれを打ち倒した。その瞬間から両者の分裂と反目が始まり、革命はあっけなく敗北した。エジプトは元の木阿弥となり、軍事独裁政権はより強固に狂暴になった。ふたたび機会が巡ってくるまでおそらく数十年を待たねばならないだろう。イスラムと世俗派の双方に共闘を継続しうるだけの成熟がまだなかったということかもしれない。
 あるいは、都知事選で一点共闘をしても、そしてたとい勝利しても、その後に分裂と対立とが待っていたのかもしれない。それがエジプトの教訓なのかもしれない。しかしそこで立ちどまっては前へ進めないのだ。
 エジプトでは大勢が殺され、痛い教訓を得た。次にやる時にはかれらはもっと賢くなっているだろう。イスラムと世俗派とが分裂しては、決して軍政に立ち向かえないことを深く理解するだろう。歴史はそのようにしか進んでいかない。
 そして我々は、その一歩手前で立ち止まってしまったのではなかろうか。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す