プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

不破綱領批判への注の追加

「不破綱領批判」の17章に次の注を追加する。なお、この注は当文章を「さざ波通信」に投稿した去年10月に付けたものであるが、このブログの文章には付いてなかった。今回、古本屋さんが「さざ波」から転載された論考(1月22日 №647)には、このテーマに関するもっと全面的で鋭い批判がある。当該論考を「さざ波」から見つけることができなかったが、同テーマに関して『「ゴータ綱領批判」批判への批判』として数多くの文章がある。

 注(17章)

 この部分は筆がすべって誤解を与える書き方になっている。「未来社会に権利を持っているのは未来の人々である」ということは不破氏自身主張しているのであって、その点で不破氏とぼくとの間に意見の相違があるわけではない。ただ、不破氏はそう言いながら、「社会主義社会の指標は、分配問題ではなく、生産手段の所有問題である」ということを強調したいがために、分配問題を親の仇のごとく攻撃している。そのことにぼくは違和感を持ったのだ。
 現在、世界の人々が不満を持っているのは、労働結果の分配の余りもの不公平さに対してである。人類の1%が99%の富を独占している。その結果経済がまわらなくなっている。分配問題はきわめて今日的問題なのだ。それをさておいて、来るかどうかわからない未来の社会主義の所有問題を語っても意味がないではないか。結局不破氏が関心を持っているのが理論問題だけで、現実はどうでもよいのだ、と思わざるを得なかったのである。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す