プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

共産党大会決議案と、エガリテ批判文

 共産党の大会決議案が出、エガリテ氏による批判が出た。(「共産党、最近おかしくないですか」参照)
 今回の決議案は、従来のものとの比較で、党内外から寄せられる疑問に具体的に答えようとする姿勢が感じられ、いくぶん好感をもって読んだ。もちろん同意できない部分も多く、また語られなかった部分にむしろ重要な問題があるとも感じている。
 エガリテ氏による批判は、問題意識に一致しうるところがかなりある一方で、同意できない部分も多い。
 以下その両側面を語ってみたいと思うが、かなり困難な作業になりそうな予感がある。というのはいずれの問題も、イエスノーでは片付けられない複雑さを持っていると思うからだ。

 1、いくつかの同意点

①エガリテ氏は「民主党の裏切り」というのは言い過ぎではないかと述べている。特に同じ決議案の中で統一戦線について語っていることとの整合性がとれないと批判している。同意見である。
 民主党に期待を込めて投票した有権者の口から「裏切られた」という言葉が出たとしても自然なことだが、議会という同じ土俵で、ときに対決し、ときにはまた協調せねばならない政党どうしとして、口頭ならともかく、最も公的性格の強い文書の中で、こういう刺激的な言葉を使うべきではないと考える。
 ただエガリテ氏は自身少し先で「社会党の裏切り」という言葉を使っている。この整合性はとれているのだろうか。
②「自共対決」というところまで国民の認識はいってないという指摘ももっともである。
③「異常」「害悪」「ゆがみ」という言葉の使い分けは、党の過去の文献をあまり読んでいないので、まったくわからない。この部分は素通りする。
④「一点共闘」
 複雑な問題である。エガリテ氏の批判の趣旨は(ここでは北海道でのTPP反対集会を取り上げているが)、反対運動の雛壇に共産党の参加を認められただけでは、運動体の共闘関係が構築されたとはいえないということなのであろう。
 のちの論考でも氏は各界名士との個人的共闘や、革新懇の問題を取り上げて批判しているが、要するに名士ばかり並べても運動体がないではないかということを言いたいのだと思う。
 そういう意味では同じ感想を持つ。それこそ、決議案が語らなかったもっとも重要な問題の筆頭に位置するものだ。
 今回の秘密保護法案でも、あれだけ各界名士たちからの批判が出ても、一般国民はまったく反応していない。だいたい一般国民を結集しうる運動体が存在していないのだ。
 かつては総評や大学自治会が動いた。いま日本にはそういう場がない。
 ただ、一点共闘自体は重要である。「必要なときには縁の下の力持ちとして」と決議案はあとの方で書いている。悪政をひとつひとつつぶしていくことが大事なことなのだから、その役に立つなら共産党は黒衣、裏方の全く目立たない位置であって構わないし、その運動が共産党にとってプラスにならなくても共産党がその運動にとってプラスになるならそれでいいのだ。
 決議案はこの章句の直後に「同時に」と書いてその運動の中で共産党の賛同者を作っていくことを述べてはいるが、少なくとも独立した章句として「縁の下の力持ち」と書いたことは意味がある。というのは従来共産党は運動のなかに入ってきてそれをかきまわし、利用するだけと見られてきたからだ。
 官邸前原発いらない金曜集会でも、共産党は動員をかけながら目立たないように心掛けた。それでよいのである。集会を盛り上げることが大事なのであって、そこで共産党の宣伝をしてはならない。共産党は運動のために存在しているのであって、その逆ではない。
 この集会にはかつて反代々木系といわれた諸派も参加したようだが、共産党は彼らの排除を要求しなかった。これが正常な共闘のありかたであろう。
⑤共産党は「反共」という言葉の使い方が安易であるとエガリテ氏は述べている。その言葉が水戸黄門の印籠のように使われている、と。この点にも似た感想を持つ。
⑥「20世紀最大の変化は植民地の独立」と決議案が述べていることに対して、エガリテ氏は社会主義革命を無視していると批判している。
 これは判断を保留する。植民地独立と社会主義革命(なのかどうか疑問があるが)とどちらが大きいかといわれれば、いまの時点からふりかえれば植民地の方だとも思えるが、そもそも20世紀を一言で表現しようとしたことに無理があったとも思える。

 第1回の最後の部分で、アメリカ、中国、アセアンの問題を提起しかけている。
 これは続く回で展開されるので、そちらに譲る。
 第1回は以上である。第2回以下は日を改めて書く。ちょっとくたびれた。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す