プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

「失われた夜のために」 高原様

 たいへん深いところまで読みとってくださって、思いもかけないことで喜んでおります。公開した甲斐がありました。ただ、いま町内会の世話役でバタバタしていることもあって、なかなか執筆当時の精神状態を取り戻せないでおります。実際に書いたのは去年の正月ですが、40年前の精神状態で書いており、自分をそこに持っていくのがかなり骨の折れることなのです。だからご指摘の内容、それぞれに思い当るところなのですが、それに対するぼくの態度を決めかねる状態にあります。すでに次の作品に取り掛かっていることもあって、「夜」に戻るのがいつになるかはっきり申し上げられません。いまの段階で言えることは、ぼくの場合、論理でものを考えるのは不向きなので、どうしても感覚、さまざまな事象に対するぼくの感覚で作り上げていく世界としてしかありえないだろうということだけです。でもご指摘の内容が、大きなヒントになることは確かです。もしかしたら高原さんは、作者のぼく以上にあの作品を理解してくださったのかもしれません。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す