プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

興味深い議論です  植田与志雄

 この意見交流を興味を持って読ませていただいています。
 いろいろ触発されるところの多い内容です。
 まとまりませんが感想などを少し書かせてください。

高原さんの主張:
・反原発=改善否定となる。
 いつかは原発技術が必要となることは間違いないのに、技術の灯が消える。
・技術も文化も同時進行が現実で、「文化が先」は行動より心をと同じでそうは言えないのが現実。
・「50億年後に必要なら49億年後にスタートでも間に合う」とは言い切れないから同意できない。
 原発リセットしないほうがいい。リセットでなく凍結ならいいだろうが。
・技術の選択を決めるのは経済合理性/生存合理性/儲け合理性のどれか。
 現代社会では儲け合理性が主流で、廃棄物処理はこれでいけるのではないか。

 高原さんの主張、危惧は現代の資本主義社会の諸制度、文化、合理性基準を前提にしていて非常に現実的。
 ともかく今出来ることをやりぬくべき、との迫力と誠実さを感じます。
 けれど50億年となって話が飛びすぎると感じます。なぜ100年後、1000年後の心配ではいけないんでしょうか? ここでは石崎さんに共感します。

以下は感想。

・技術が現実世界で生き続けるにはその時々の制度、文化、合理性基準、に適合的でなければ、整合性がなければ生存できない。私は技術の世界で生きてきたので、そういう意味では技術は生もので、「技術と文化は別」に同意できない高原さんの主張は理解できます。
 しかし、飛鳥時代の建造物、作品の再現は飛鳥技術の継承なしに、飛鳥技術から一旦は離れて現代技術で可能ではないか。リセットしてもいいだろう。リセットすべきというのはなく、リセットしても必要になれば再建可能ではないかとも思えるのです。

・資本主義社会では儲け合理性に反する技術は基本的には選択されない。
 これはまさに制度、文化の問題で、言い換えれば技術は経済に従属するということ。
 もちろん産業革命のように経済の土台を変えるのも技術それ自身の力によるので
 技術と文化は互いに一対となって他を必要としながら発展するのでしょうが。
 しかし、現代社会の生産力の発展は儲け合理性だけでなく経済合理性をも超えて生存合理性を考慮すべき時代を形成してきていると思います。儲け合理性では危険な技術がたくさん生まれていると思います、遺伝子操作などによる生命技術など。今回ここで議論されている内容から外れるので止めます。


 とりあえず、ここまで。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す