FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

ペスト

 いただいた本をすべて読み終わったわけではないが、取り急ぎ読みたかった本を終えたので、そろそろ「ペスト」を読もうと思って手に取った。ところが読めない。2冊あるのだが、1冊は66年版で、もうひとつも70年代初めの版だ。活字が小さいうえに黄ばんでいて、老いた目には厳しすぎる。それで買いに行った。だが、大きめの店ばかり4店まわったが、どこにもない。「異邦人」はすべての店にあった。「ペスト」も、今年の初めに「異邦人」を買ったときにはあったのだ。いまはどの店にもない。「シジフォスの神話」は、先日「異邦人」をもう1冊買いに行ったとき見つけて買った。今日ほかの店でも見た。ところが「ペスト」だけはない。いま世界中で売れまくっていて、日本でも百万部を超えたそうだ。もちろん60年間の総数だろうが。おそらく田舎の本屋だからないのではなくて、田舎でも売れまくって増刷が間に合わないのだろう。
「まがね」の例会で「異邦人」を取り上げてほしいと言ったのは、去年のいつだったか、「まがね」の合評が入って、延び延びになって、12月の例会でやった。そのときあまりの不評にびっくりして、正月を挟んで「異邦人の読み方」を書いた。「樹宴」18号に間に合ったが、増刷に1か月かかった。その間にコロナが来て、「ペスト」が売れまくることになってしまった。
 カミュに追い立てられているような、複雑な思いがしている。
 そのうえ、先月には「タイムマシン」の完結編を書き上げたが、ここにはグローバル経済について書いている。このときにも、まさか実際にこういう事態になろうとは思っていなかった。空想の世界が、現実によって追いかけまわされている。ペストもグローバル経済の崩壊も、ぼくが連れてきたわけではないのだが、考え込んでしまう。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
151:木沼さんへ by 石崎 徹 on 2020/04/15 at 17:41:48 (コメント編集)

 紹介ありがとう。その情報は得ていますが、いまはまだカミュも読めていない有様です。方々から本をいただいたので、まずそれを読了したい。そのあと、カミュを少し本腰を入れて読み直そうと思っています。50年間放置していたので、ここで記憶を新たにしたいのです。

150:デフォーのベスト by 木沼駿一郎 on 2020/04/15 at 16:58:24

ダニエル デフォーに「ペスト」という小説があります。こちらは、古書価が大分高いです。
こちらも読んでみてはいかがですか。

▼このエントリーにコメントを残す