FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

京都旅行(7)

 先日の朝日に、京都市バスの一日乗車券のことが載っていた。これが値上げしたのが最近のことだったのだそうだ。かわりに地下鉄も乗れる共通の一日券を値下げした。というのはバスが観光客で混雑して、市民の足ではなくなっている。という苦情が来て、観光客をできるだけ地下鉄のほうに誘導しようということらしい。
 一日乗車券は市バスのほかに、京都バス、京阪バスでも使える。京都駅で、600円で、要るだけ買っておく。その日最初に乗ったら、降りるとき運転席の機械に通して日付を打ってから降りる。二回目からは、日付を見せれば降りれる。反対側を見せると、「日付を見せてください」と言われる。翌日は使えない。捨てて新しい乗車券を使う。
 バスの中でも買える。でも降りる時に買うと時間を食うので、信号待ちのときに買う。
 バスはいつでも超満員だから、なるべく運転席近くに行った方がよい。
 用心せねばならないのが、郊外へ走るバスだ。これには一日券は使えない。京都市街を走るバスだけである。
 一度失敗した。京都駅から東寺へ行き、そこから梅小路へ行って、京都駅へ戻った。梅小路―京都駅間は近距離だ。バスが来たので乗ろうとしたら、市バスではなく京阪バスだった。大丈夫か、と言ったら、大丈夫、京阪でも使えるというので乗った。乗るとき整理券をとるようになっている。番号によって料金の変わる例のやつだ。いつものバスにはそんなものはない。乗り切り料金だから必要ないのだ。おかしいとは思った。また、一日券があるから必要ないだろうとも思った。でも念のため整理券をとった。とって正解だった。とらねば始発からの料金をとられるところだった。一日券の使えないバスだったのだ。乗るときに、確認する必要がある。
 バスはあまり待たせずに次つぎくるが、番号と路線を確認しないとよそへ連れていかれる。どのバスもいつも混んでいる。座れないと思った方がよい。ところが、よく席を譲ってくれる。ぼくは年のわりに若く見られるので、いつも優先座席など遠慮がちに座るが、いつの間にか頭が白くなったせいで、年相応に見てくれるようになった。二日目、下長者町の宿から京都駅に向かうバスで、西洋人の若い美人の女性が、さっそく、席を立って譲ってくれた。すぐ降りるから譲ってくれたのだろうと思ったので、「どうも、ありがとう」と礼だけ言って座ったら、なんと京都駅までずっと立っていた。下長者町は丸太町より上だ。丸太町とは一条で(勘違いだった。二条である。後記)、京都駅は八条だから、つまり京都の端から端である。降りたときにもう一度礼を言ったら、微笑んでうなずいた。
 一般に西洋人が親切だ。西洋人にはそういう習慣が身についているのか、日本人に対して気を使っているようにも見える。日本人はあまり譲らないが、譲る人もいる。中国人がいちばん図々しい。もっとも、中国語をしゃべっているようではあるが、中国人なのか、台湾人なのか、香港人なのかはわからない。
 さて、三日目である。
 三日目は三十三間堂へ行った。ここもあまりにも有名なところなのに行ったことがなかったので、まずそういうところから済ませた。短時日に一挙にいろいろ行ったので、印象がごちゃごちゃになって、あまりはっきり覚えていない。もともと、ぼくは名所旧跡にそれほど興味がないのだ。ぼくが強く惹かれるのは道である。道を見たい。道を歩きたい。道を感じたい。道を味わいたいのだ。
 三十三間堂はまず堂内を観た。観音様がたくさんいた。それで出たらすぐ出口に向かおうとするので、冗談じゃない、まだ三十三間堂を観てないじゃないかということで、細長い建物の、表をまわり、裏をまわった、のだと思う。どうも記憶があやふやだ。成人式に女性たちが矢を射るところだと思うのだが、まあ、そういうことだ。そして出た。なんだかあっけないので、外の道を塀に沿って歩いてみることにした。すると養源院に出た。ここに俵屋宗達があると、妻はよく知っている。短大時代の友達が絵を好きなので、そういうところから知識がくるらしい。で、それも見た。それから河原町へ行って、丸善へ入った。
「点と線」を持ち歩いていたのだが、読み終えてしまいそうだ。次に読む本が欲しいということで、丸善に入って清張をもう一冊買った。ついでに岩波文庫で「道草」を買った。漱石の「三四郎」「それから」「こころ」などは何度も読んだが、「道草」と「明暗」を読んでいない。福山の本屋で探したとき、岩波文庫の解説が面白そうだったので、ほかより高いのだが、この機会に岩波を買った。岩波は最近めったにどこにもはないのだ。
 それで、妻の手帳を見るとどこかで昼食を食べたらしいのだが、記憶にない。
 この日は清明神社へ行ったのだ。宿の近くだというのは最初から妻が言っていた。堀川通を南から、丸太町、下立売、下長者町、中立売、清明神社、今出川という順序になる。ぼくらはまたたぶん四条通を堀川まで行って、そこから延々と上がっていったのだと思う。丸太町を過ぎたら、今出川まで広い通りはないはずだから油断していた。今出川の一つ手前で降りればいい、宿のある下長者町の二つ先、中立売の次だ、と思っていた。ところが中立売が近づいて、運転席の斜め上に表示される路線を見ていると、堀川中立売の次が大宮中立売になっている。あわてて運転手に確認した。「清明神社に行かないのか」「行きません」妻は少し後ろに座っていた。あわてて呼んで中立売で降りる。バスはそこから中立売通に曲がって、大宮中立売から千本中立売に行く。例の千中ミュージックの方向だ。なるほどそんなとんでもないところに繁華街があるのを忘れていた。
 今出川方面へぶらぶら歩いていく。前方の歩道にいくつも店が出ている。「お祭りらしいね」「まさか清明神社じゃなかろうな」そのまさかだった。清明神社の門前町ができている。
 妻が清明神社を知っているのは、羽生弓弦が清明神社の曲で滑ったということらしい。ぼくは昔「小説新潮」で夢枕獏の「陰陽師」を読んでいた。これは母が読んだ後を譲ってくれていたのだ。母は「文芸春秋」と「小説新潮」をとっていて、読み終わるとぼくにまわしてくれていた。もっともぼくのほうにまわって来はじめたのはかなり後になってからで、短い期間だった。母はずっととっていたので、「芥川賞」は欠かさず読んでいてぼくより詳しかった。1998年に平野啓一郎が芥川賞を取ったとき、難解だという評判を耳にしたが、「難しくなかったわよ」と母は言っていた。ぼくはいまにいたるも読めていない。「小説新潮」はエンタメ雑誌で、「陰陽師」も面白かったし、石田衣良の「池袋ウエストゲートパーク」も面白かった。
 この夢枕獏の連載から安倍晴明が知れ渡って、たしか漫画にもなって、ぐっとポピュラーになったのだ。で、清明神社に若者が押し寄せている。門前町ができるほどになり、絵馬には、合格祈願と並んで、羽生弓弦へのメッセージだらけだ。バス停の名前だってもとは「一条戻橋」というのである。「清明神社前」などという名前がはたしてあったのかどうか。もっとも、この一条戻橋という名前になぜ聞き覚えがあるのかがわからない。この堀川通には市電は通ってなかったから、そしてぼくはバスに乗らなかったから、この通りにしかない名前にはなじみがないはずなのだが、なぜかその名をよく知っている。いま、京都市バスには清明神社の交通安全がぶらさがっている。その紋章はダビデの星なのだ。これはもともとなのだろうか。
 一条戻橋がなぜ今出川の近くにあるのかと考えていて、この旅行記の最初から大きな勘違いをしていたことに気づいた。平安京における一条通は御所の北側を通る道であって、御所の南側を通るのは二条通なのだ。つまり、今出川こそが一条であり、丸太町はむしろ二条なのである。ピッタリそうではないのだが、どちらかと言えばそう。いままでずっと、御所の南から一条が始まると思いこんでいた。丸太町が一条だとずっと書いてきたが、これは間違いである。今出川が一条である。一条と二条とは間隔がとても広い。二条から三条、四条~九条間と比べて二倍半くらいある。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す