FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

鎌倉幕府とは何か

 ぼくは鎌倉幕府の成立を源平の争奪戦という側からは見ない。それはいわば政局報道だ。誰がトップを握るかということには、ほとんど重要性がない。副次的な問題に過ぎない。
 鎌倉政権の成立の重要性は、ここで日本の古代中央集権が崩壊し、地方分権の時代が本格的に始まったということなのだ。
 日本の古代前夜において、他地域をわずかにリードした大和の権力が、朝鮮からの知識・技術を独占し得たことによって、他地域の権力を圧倒し、古代中央集権的権力を造り上げていく、その過程は「古事記」が描いた日本武尊そのものであっただろう。
 競争社会にあっては、一歩リードしたものが覇権を握ることになる。そういう淘汰を経て確立されたのが、大和政権であっただろう。
 その時代に日本を統一する政権が成立したことの意義は大きい。
 中央権力は、全国的な徴税権と徴兵権とを握った。全国のコメと兵員とを国家が掌握した。明治近代国家と比肩しうる体制を造り上げたのだ。
 だが、またそれは、成立の当初から矛盾をはらんでいた。
 国家の派遣する官僚(国司)には、数年の任期しかない。彼らの任務はその数年の間、任地の豪族(郡司階級=前の時代の国造)を掌握し、コメと兵士を中央に送り届けることだが、豪族たちとの関係の上で、さまざまな困難があっただろうことは想像に難くない。
 やがて荘園が全国に広がっていく。中央の貴族・寺社が地方に領地を持ち、私的雇用関係にある管理人を置いて、年貢を徴収する。国家の所有に帰する土地は次第に細っていき、国司は国衙領と称する狭い地域を支配するだけになってしまう。もはやここから国家のための徴税、徴兵はできない。そこは任期の間だけの国司の一時的私有地となり、そこからの収入は国司の収入となる。彼らは受領と呼ばれる。
 中央の財政は、荘園からの上がりに依拠し、有力な荘園主たる摂関家が政務をとることになる。国家の実務をこなしているのは、摂関家の家司(私的被雇用者)であり、受領階級の出身者たちだ。権力の武力も、もはや徴兵による国家武力ではない。受領階級の出身者たちが個人的主従関係によって、それぞれの権力者を守っている。
 大宝律令と呼ばれる整然とした国家機構は、とっくの昔に有名無実と化していたが、しかもなおかつそこに存在したのは、当初とは異なる形であっても、依然として中央集権の国家権力であった。
 つまり、コメは相変らず、京都に独占されていた。それはもはや国家の収入ではなくなっていたが、京都の貴族・寺社の収入であった。
 しかもこれを支えていたのは、受領階級である。地方に根拠を持つ彼らの出身はさまざまながら、いまや地方の管理人としてなくてはならない存在となっていた。京都のコメを保証するのは彼らだった。だが、なんのために? なぜそのコメを自分たちが所有してはならないのか? 
 それが出来なかったのは、彼らを統一する仕組みがなかったからだ。彼らはばらばらだったので、お互い自分の利益を確保するために中央の権力者と個人的に結びついていた。中央の権力者と結びついて、おたがいに牽制しあっていた。
 鎌倉幕府の成立とは何か。
 それは関東武士団の、京都に対する独立宣言である。自分たちのコメは自分たちで所有するということの宣言なのだ。
 源平合戦とは、その表層的な表れに過ぎない。それは物語としてはたいへん面白いが、その物語から歴史を見るわけにはいかない。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す