FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

「幽霊」へのコメント BY ぼたこ

 先日、「幽霊」を読ませて頂き、拍手が精一杯だった者です。 
 さて、「幽霊」についてですが、物語の中には、平坦で、切れ目のない、湿度を持った時間の流れと、ぼんやりとした空気を感じます。それは、私の想像する主人公の「私」がそう感じさせているのかもしれません。「私」は異郷で暮らし、祖母の葬儀に間に合わなかった。長く会っていなかったので、逝ってしまった実感がない。だけど、それは事実だ。かと言って、「私」は自分が生きているという実感もない。「死」があることも知っているけれど、まだそれは、ぼんやりとしている。そして、自分が生きていることも、自分の未来もぼんやりとしている……そんな「私」の若さ、危うさがあるからではないかと思います。私自身、若い時の「過去」はずっと昔で、「未来」はずっと先で、すべてがぼんやりしていたと感じるのです。ましてや「死」は不思議な感覚で、自分が死ぬことなど想像できずにいました。
 そして、時間の流れ方、早さは変わっていくものだと、だから、自分の中の時計を時々のぞいてみようと思うのです。「私」が眠る前に見たゴッホの絵は、何だったのですか。まとまりのないコメントお許しください。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す