FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

平松論文について

 平松氏の書かれた論考への疑問を指摘したところ、反論を寄せて下さったので、公開する。なお、元になった平松論文を掲載していないので、分かりにくいだろうと思う。
 論文の掲載誌は以下である。
「マルクスと21世紀社会」 社会主義理論学会編 本の泉社 2017年発行 2000円 〒113-0033 東京都文京区本郷2-25-6
(ご所望の方はメールください)
 各界の11名の方が執筆されている。90年代に共産党の参議院議員をつとめた聴涛弘氏もその一人である。
 それぞれ、多彩なテーマで展開されていて、興味深い本。一部は当ブログですでに紹介した。(はるかぜちゃんで当ブログを検索すると、関連記事がふたつ出てきます)。
 

 平松論文が論じたのは情報産業である。
 拙文への反論を読ませてもらって、氏の追及されていることの中身が、前よりも理解できた。一方拙文を読み直してみると、価値論へのこだわりが顕著で、それが平松氏のテーマとかなりずれていたようだ。
 ただ、まだ氏のテーマの全体像が把握しきれない。そもそも情報産業に疎いせいかもしれないが、もう少し現実面での展開が欲しい気がする。(理論面ではなく)。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す