FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

高野川

 賀茂川と高野川が出町で合流して鴨川となる。この合流地点にあるのが下鴨神社と糺の森で、糺の森を出外れたところに家庭裁判所のあるのが、なんだか符合していた。
 上賀茂神社はずっと上流になる。
 合流した後の鴨川も、合流前の賀茂川も、広い川幅で、ゆったりと流れているが、合流地点から高野川をさかのぼると、川幅は狭く急流で、音を立てて流れ落ちている。どのあたりだったか。ある夜、下鴨から東へ一人歩いていて、高野川にぶつかった。
 川岸に座って、しばらく耳を傾けながら、薄明かりで川の流れを見ていた。
 このとき不意に、鴨長明てすごいことに気づいていたんだなと思った。流れていく水は瞬間瞬間別の水なのに、流れの形は変わらないのだ。その夜ぼくはかなりつらい気持ちでいたのだが、ふと浮かんだそんな考えになにか慰められるような気がした。
「失われた夜のために」のなかでは、嵐山の渡月橋(桂川)の堰を思い浮かべながら書いたが、実際にぼくが体験したのは、高野川で、それも夜の一人歩きのときだった。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す