FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

まがね60号

 事務局に「まがね」が届き、一冊送ってくれた。特に大きな問題はなさそうなので、ほっとしている。細かいミスはあるかもしれない。それは今後指摘してくれるだろう。
 気になるのが2点。
 表紙が少し厚すぎる。もっと柔らかい表紙でよさそうな気がする。自分の手で触ってみて選ぶのではないので、そこが電子取引の印刷屋を利用する際のネックだ。いろいろ試してみるしかない。
 字が大きすぎる気がする。11ptを使ったのだが、10.5でよかったのではないかと思っている。読み始めると気にならないし、老眼の身には有難いのだが、ページを開いてパッと見たときに、なんだか余白がなくて字ばかりが詰まっている感じがして、うわあ、読むのがたいへんそう、読みたくない、という気持ちにさせやしないかという不安がある。
 余白というものは大事なのだ、とつくづく思う。見た目もそうだし、小説の内容も、詰まりすぎていたら読む気がしない。どこかに遊びが必要だ。
 あと、散文詩の体裁はどうだったか。もっと、それらしくまとめることができなかったか。詩はそれこそ見た目なので、編集者にもデザイン感覚が必要なようだ。
 もうひとつ、戯曲が気になっている。上下二段でよかったのか、一段にするべきじゃなかったか、などと考えている。
 最後にもうひとつ、欄外に小さく入れるタイトル(業界言葉でどう呼ぶのか知らないのだが)、これが本文と同じ11ptで、大きすぎたなと思う。

 いろいろ問題はあるが、もっとひどいことを恐れていたので、まあ、一安心です。
 22日の例会で受け取るが、車が使えないので、リュックに30冊入れて、電車で帰る。以前もやったことがあるので、大丈夫でしょう。
 読者の方には、そのあと郵送にかかります。

 全然知らなかったのだが、広島・岡山両県の豪雨災害で、道路も鉄路も寸断され、大変だったようで、一部回復したが、未回復のところも多い。
 幸い、岡山―福山間はこの14日に回復した。三原まで、18日に回復の予定。そこから先は何カ月かかるか見通しが立たない。福塩線も、芸備線も、呉線も、伯備線も、みんな駄目だ。
 遠距離通学の子供たちが困っている。山陽線沿線は、新幹線が無事だったので、定期券を持っていれば、新幹線を無料で使える。これが不幸中の幸いだった。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す