FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

「樹宴」13号

「樹宴」は今回K氏手作りを5冊いただいただけで、「まがね」の常連に配ってなくなってしまった。PDFデータをもらったので、自分で印刷製本屋に注文を出す。いま折衝を開始したところである。
 誤字脱字が目に付くが、PDFは修正ができない。そこは目をつぶってもらおう。最近の読者は(作者も)誤字脱字をあまり気にしないようだ。ブログの文章などひどいもので、大学で教えていたような人でも平気で誤変換を放置している。
 今回の「樹宴」は誤字脱字と文章の粗さを気にしなければ、内容的にはどなたの作品も充分読みごたえがある。面白い。医師の大丘忍さんの作品は今までで一番良い。感動的である。初参加の池田忠昌さんのサンフランシスコ報告には知らなかった話が満載だ。木沼氏の話が今回分かりやすいのは視点が統一されているからだろう。途中、「流山」がどこかに消し飛んでしまった印象を受けたが、ラストでまた舞い戻った。次号での展開が楽しみである。守屋さんの児童文学風の話もよい。ただ、ラストで少女が死んでしまったのが少し気になった。「ワインズバーグ・オハイオ」はその授業についていけなくて、ぼくが退学するきっかけになった小説だが、ST氏の翻訳でいま読むとなかなか面白い。井上光晴が影響を受けた作家だ。著作権が気になるが。
 印刷製本が終って本が届けば、またお送りするが、部数も限られて行き届かないと思うので、読んでやろうという方は下記までご注文ください。

 〒 125-0032 東京都葛飾区水元 3-1-14-204 深井方 樹宴文学同人会
 TEL 03-3600-2162
 Eメール kofu65y@yahoo.co.jp
 定価、送料未記入につき、お問い合わせください。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す