プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

北朝鮮

 戦争の悲惨さについては、日本の場合、諸外国よりもずっと多く、あらゆる媒体で伝えられてきた。戦争はいやだという点においては、ほとんどの国民の間に合意がある。かつて赤木智弘が、「希望は戦争」と書いたが、それは戦争をしたいという意味ではなくて、ロストジェネレーションに生じた耐え難い格差を放置すれば、すべてをリセットする意味で戦争を望む声が出てくるだろうという警告であった。
 戦争と平和に関する意見の違いは次の点にある。戦争を防止するのは抑止力であり、そのためには軍事力と軍事条約とが必要である、とするのが一方の意見。他方は、そういう思想は果てしない軍拡競争を招き、かえって戦争を招き寄せる、とする意見である。
 いま、アメリカと日本とは、北朝鮮に対してチキンゲームの賭けに出たように見える。もしこれで北が降伏してくれれば、とりあえずは胸をなでおろすことにはなる。
 しかし生き物は、人間も含めて、追い詰められて逃げ場を失うと、自暴自棄の反撃に出ることがある。金正恩がそうならないという保証はない。
 その場合、北朝鮮はもちろん壊滅するが、韓国と日本も少なからぬ被害を蒙ることは確実である。一方アメリカの蒙る被害は、せいぜい駐韓駐日の基地くらいのもので、アメリカ本土は痛くもかゆくもない。
 つまりアメリカにとってはチキンゲームでさえない。犠牲になるのは韓国と日本なのだ。
 チキンゲームに乗り出すということはその覚悟をするということである。
 だが、北朝鮮とはそもそも対話が成り立たないではないかという世論が聴こえる。たしかにいまではずいぶんと困難になった。北朝鮮は日本と韓国とを敵として認めていない。彼らはアメリカだけを見ている。ずっとアメリカに対してラブコールを送り続けている。核とICBMにこだわるのは、それを持たねばアメリカはいつ攻めてくるかわからない、持てば攻めては来ないだろうと思っているからだ。だから彼らはアメリカとは対話を望んでいるが、韓国や日本とは望んでいない。そしてアメリカは北朝鮮との対話を拒否している。

 我々は袋小路にいる。
 世論は抑止力の方に傾きつつある。

「文芸春秋」元編集長の半藤一利氏が昨日の朝日新聞オピニオン面ほぼ全面でインタビューに答えた。抑止力派の人はぜひこれを読んでほしい。不勉強なぼくが言ってもまるで説得力がないが、しっかりした歴史知識をもとにしたこの人の発言には説得力がある。

(これは反省をこめて書いている)
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す