FC2ブログ

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

小熊英二 補論

 交換価値のあまりに高すぎた時代には、それは需要と結びつかず、従って価値でさえなかった。コストダウンし、誰でも買えるようになった時、即ち価値が下落したとき、初めて需要が生まれ、事実上このとき価値もまた初めて生まれた、とも言える。
 というところまでは、ぼくも異論はないのです。ただ技術の進歩=需要の拡大というふうにイコールで結び付けられると、それは違うと感じてしまう。これがイコールであるためにはやはり別の要素、購買力という要素が絡む。安くなったから購買力が生まれた、それでいいじゃないか、という声が聞こえてきますが、安くなっただけ資本家が賃金を下げれば、同じことです。購買力が拡大するためには、どうしても資本の側と労働の側との力関係が反映されてきます。
 定期的に需要を失い、循環的に不況に陥って、前世紀前半にはすでに危機にあった資本主義が、第二次大戦後奇跡的な経済拡大をとげたのはなぜか、という問いへの答えを技術の進歩に一元化することはできない、とぼくは考えています。
 技術の進歩は必要です。でもそれは車の片輪です。もう一方の輪は別のところにあります。
 小熊英二の論壇時評において、彼が引用した論者たちの結論と、ぼくの結論とが一致したのは、そういう昔なじみの考えによるもので、小熊英二はそれとは別にITそのものを論じているように思われ、それに関心を持たないわけではないが、ぼくの当面の主要関心事ではなかった。
 ぼくはただITを技術一般として取り扱っただけの話です。

 まったく別の話になりますが、多少の関連からここで確認しておきたいと思うので、ちょっと述べておきます。
 ぼくは生産現場の労働者だったことを誇りにしていますが(いま思うとあまり誇れるような労働者ではなかったけれど)、それはそういう労働を必要とする社会だからで、社会にとって不必要なことをしていたわけではないからです。誰も労働しなくてもすべての人の必要が満たされる社会が実現すれば、それはそれで歓迎すべきことで、別に労働が永久に価値あるものだなんて思っていません。
 コストダウンは商品やサービスの価値をどんどん下げていくし、価値がゼロになるときとは誰も働かなくてよくなったときで、即ち理想社会です。価値とは労働時間だが、それは交換価値=商品価値だというだけの話です。
 そして使用価値とは人間の欲望のことです。それが胃袋からのものであろうと精神からのものであろうと、です。それはそれのみでは商品を形成せず、経済を構成しません。経済学用語としての価値は、商品の値段のことであり、そこに道徳が入り込む隙間はありません。それは純粋に客観的科学ですから。
 つまり人々が「価値」という言葉に込めたがる何か神聖なものを、それはそれとして求めればよいけれど、それと経済学とを混同されては困ります。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す