プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

前項に(小熊英二)

 数日前の新聞記事をゆうべふと思い出して前項を書き、すぐアップして寝に着いてから、どうも気がかりだった。論理が明快でない、小熊英二を理解できていないと思えた。
 技術の進歩は、新たな欲望を産み出してきた。暑いとき、木陰で涼むか水に入るしかなかった人間に団扇が現れると、団扇を欲しいという欲望が生まれた。団扇の存在を思い付きもしなかったときにはありえなかった欲望である。ここに新たに使用価値が生まれたのだ。
 もしこの団扇のために労働時間が必要ならば、それは商品となり、市場が生まれ、交換価値が生まれる。つまり新たな経済が発生する。
 団扇は扇風機になり、エアコンになり、エアコンも日々改良されていく。それに伴って欲望が開発されていっているとも言える。欲望、つまり使用価値が、である。
 小熊英二が言いたかったのは、「この欲望は新しく見えても実際には、もとからある欲望の延長上のものに過ぎない」ということなのだろう(たぶん)。「まだ暑い。もっと涼しくなりたい」という欲望が、商品の開発に連れてエスカレートしていったのだ、と。そしてITの産みだすものも同じように、新しいものではなく、延長上のものなのだ、と。
 資本の側が主張するのは、商品を開発すれば開発された商品への欲望が生まれ、つまり新たな使用価値が生まれる。これが新たな需要となって経済が活性化するということだ。
 このとき彼らが忘れているのは、欲望=需要ではない、ということ。欲望が需要に転化するためには購買力を必要とする。金がなければものを買えない。つまり使用価値はあり、労働時間もあるのだが、金がなくて交換されないので、市場が生まれず、経済は活性化しない、ということだ。
 第二次大戦後の大景気と呼ばれた時代(日本では高度成長と呼ばれたが)、資本の側が主張してきたのは、技術の進歩が経済成長を産んだということだった。技術の進歩が、新しい使用価値を生み出し、技術の進歩によるコストダウンが、それを需要に結びつけたのだと。
 このとき彼らはやはり忘れている。80時間の労働で生産されていたものが40時間で生産できるようになれば、その商品の価値は半分に下がる。したがって資本家は5人を解雇せねばならない。あとの5人に払う給料の総額は今まで10人に払ってきた額の半分、即ち一人がもらう金額はいままでと同じである。
 技術の進歩は、需要の拡大に直結しない。需要が拡大するためには購買力が拡大せねばならない。即ち労働者の給料が上がらねばならない。第二次大戦後それが可能となったのは、労働者の力が強くなったからだ。
 資本と労働のがわとの取り分がうまく釣り合っていれば、資本主義はうまく回転する。ところがいまはその均衡が極端に崩れ、どんどん崩れていっている。
 つまりぼくは昔ながらのこういう考えのすじみちで、小熊英二があの日書いたのと同じ結論にいる。結論は同じなのだが、小熊英二の言っているのはもっと別のことのような気がして、それがはっきり把握できないもどかしさを感じているのだ。
(ちなみに、小熊英二が書いたのは朝日新聞の7月分の論壇時評である。これは毎月月末が近づくと載る。何日だったかは記憶にない。新聞はすでに廃品回収されてしまった)
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す