プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

「譲葉の顔」再読

 杉山まさし「譲葉の顔」の作者からコメントをいただいたので、読み直した。二度目に読んでも、いい作品である。最初のうち文章がちょっとぎこちないが、進むにつれて滑らかになってくる。ところどころ引っかかる言葉使いもあるが、全体がよいのでさして気にならない。被爆後の広島に向かい、母から帰らされる場面、その母の表情、あるいは画家が見た敗戦直後の上野の場面、絵を画き上げていくところ、こういう描写に引き込まれた。
 しかし冒頭は要らないというぼくの意見は変わらない。67ページはまるまる要らない。68ページの上段から始めるべきである。
 ぼくは理屈で考えずに感覚でものを言うので、理由を説明せよと言われるとちょっと考え込む。次のようなことを考えた。
 この作品は77歳の老画家の一人称で書かれている。赤旗祭りの会場で似顔絵を画いている場面で始まり、最後まで小説の現地はそこである。そこに客の回想と、画家本人の回想とが挟まる。
 冒頭の場面は、今年の赤旗祭りは客が多く、<どこか、期する気概のようなモノの存在が見受けられ>ることから、その原因であると<私はそう確信していた>内容について、老画家が心のうちを読者に向かって吐露する個所である。
 これがもし、老画家がその場に居合わせた誰かに向かって、口に出した言葉なら、ああ、この老人はそういうふうに思ったのだな、ということで納得できたかもしれない。
 ところがこれが地の文であることで、老画家と作者との距離感が、この冒頭の場面であいまいになってしまったように感じた。
 この67ページ一頁に書かれているのは、さんざん耳にしてきた言葉である。この言葉はただの言葉だ。この言葉には老人の匂いがない。個性がない。小説としてはこれはまずいのではないか。赤旗祭りの似顔絵画きの席上での、老人の感慨として語られるなら、老人の息遣いが感じられねば駄目である。ここは表現ではなく、理屈になっているのだ。
 読者の半分くらいはこの部分で読む気が失せるかもしれない。作品全体が素晴らしいのに、これではもったいないのである。68ページから始めて、失うものは何もない。読者は一気に作品世界に引き込まれる。

 というように感じたので、思ったままを書きました。「断定口調」「上から目線」はそう感じられたのならお許しください。批評というものはそうなってしまうものじゃないですか。あくまで個人的感想です。他の人には他の意見があって当然です。
 ぼくもいまはあまり書かないが、過去に書いていたので、さまざまな批評を受けてきました。腹が立つこともあるし、どうして読みとってくれないのだろうと感じるときもあります。明らかな誤読と思ったときには反論もしてきました。
 でも一度だって、発言者を責めようと思ったことはありません。公表された作品には誰だって自論を述べる権利があるからです。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す