プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

「虞美人草」討論会

 中学生のときからテレビ嫌いで、(見ても退屈なので)ほとんど見ずに来た。だから新聞のテレビラジオ欄など見たことがない。最近「ポアロ」を録画して暇なときに見るようになったので新聞でチェックする。水曜日の4時からというのは知っているのだが、一応確かめて11時少し前にBS3を点けると「虞美人草」という言葉が飛び込んできた。
 見ると10年前にやった「虞美人草討論会」の再放送だ。新聞で確認すると9時から延々とやっていてもうじき終わるところである。じつは10年前にも何かの都合でごく一部しか見ることができず、悔しい思いをした。そのごく一部がぼくの問題意識と似ているように思えたからだ。
 今回はほんの数分しか見れなかったが、「虞美人草は偉大な失敗作である」というあたりに参加者のほぼ共通の理解があるように思えた。「失敗作のなかにこそ、その作家のほんとうに言いたいことがある」という発言も印象に残った。
 5名を超える人が参加しているようだったが、番組案内で見ても知らない名前ばかり。まして顔は知らない顔ばかりだ。ひとりだけ島田雅彦がいた。ただどの顔がそうなのかはわからない。
 2時間もの番組だが、事前に知っていれば見ただろう。テレビ欄というものもたまにはチェックすべきかと思ったりしている。番組中で「赤と黒」に触れた人がいなかっただろうかということが気になっている。
「虞美人草」と「赤と黒」とを結びつけるのは、ぼくだけなのだろうか。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す