プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

2012年12月のエントリー一覧

  • 「駅」バージョン2

     同じ題名でもう一つ書いてみました。今度はSFです。はてさて、どうなることやら。...

  • 駅(バージョン2)

    「わかってるさ」いらだって、ギングの声がつい高くなった。「宇宙人保護法ができたくらい、ぼくだって知っている。でも法律は人の行為は罰するが、感情までは罰しないんだぜ」「ママ、それ本当よ」とルルが言った。「オーレ先生が言ってたわ。でもわたし、あの人たちわりと好きなの。かわいいじゃない」「ルル、おまえいまなんて言った? あの人たちって、あの化け物たちのことかい? あのとんでもなく気味の悪い、嫌なにおいの...

  • このページについて

     いつもこのページを開けてくださっている方にお礼を申し上げます。 できたらコメントを書いてくださると、なお嬉しいのですが。 (ついでに拍手も) このページは売れない素人作家が自作を公開しています。 文末に年度を記入してあるのは、30年前「まがね」に発表した作品とその発表年です。 まだ何作か残っていますが、ワープロもなかった時代の手書きの原稿ですので、入力に手間取っています。 逐次公開予定です。 年度...

  •  時間がない。あの銀行の角をまがって階段を下りれば、郊外私鉄の地下駅だ。そこから二人は反対方向の電車に乗る。真美は自宅に、岳史は下宿先のアパートに。そして一週間後に卒業式を終えると、岳史は就職先に旅立つ。それまでに会う時間をとれるかどうかわからない。時間がないのだ。岳史は言い出すきっかけを焦っていた。なのに、真美は自分の話題に執着し続ける。「カコが言ってるのは、最後に一度二人で会いたい、それだけの...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫