FC2ブログ

 ・経過報告 ・異邦人論について ・「コンパクト」「鉄砲百合」 ・高原さんへ ・京都旅行記を終えて ・編集手順 ・高原さんへ――パスワード ・高原さんへ――休戦宣告 ・コメント管理――高原さんへ ・高原さんへ――確認 ・高原さんへ――コメントについて ・「サイレント・テロリスト」 ・旅の終わり ・お休み ・今月の予定 ・「無言館の庭から」 ・拍手ありがとう ・中本たか子 ・文芸同人誌案内 ・ふくやま文学 ・「ふくやま文学」合評会 ・「文芸同人誌案内」復活 ・ヤフージオシティーズ ・コメントの字数制限 ・「幽霊」へのコメントありがとう。 ・「平井真」 ・久しぶりのコメント ・コメントについて ・幽霊 ・拍手ありがとう ▼もっと見る

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
無名人
新潟の同姓同名はまったくの他人
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

カテゴリ:メッセージのエントリー一覧

  • 経過報告

    「異邦人論」はほぼ終わったが、これから手直しにかかる。いろんなことを書いたので、続き具合がおかしくなっている。それにまだ書き足りない箇所もある。25×22で60枚、20×20に直すと、80枚だ。少し長すぎるとは思うが、書きたいことが多すぎるのでそうなる。全体をきちんとまとめられるか、そこが少し不安。論全体がストーリーを持っていないと、読むほうは退屈してしまうだろう。...

  • 異邦人論について

     正月からこっち、なかなか気が向かなかったが、少しずつ書き始めた。樹宴の書式(25×22)の縦書で書いている。最初に書式をあわせておかないといろいろ不自由が生じるから。それでいま23枚。これは原稿用紙で何枚くらいだろうと思って20×20に変えてみたら、31枚だ。まだ長すぎるというほどではないだろう。あと20枚くらいでたぶん終わる。...

  • 「コンパクト」「鉄砲百合」

    「民主文学」11月、12月へのコメントありがとうございました。「コンパクト」と「鉄砲百合」が面白かったそうです。読み返してみます。...

  • 高原さんへ

     マタイ伝へのコメントありがとう。この問題は興味を持っておられる方がほかにもおられるので、公開したいのですが、非公開が指定されているので、公開できません。 できたら非公開を外してください。...

  • 京都旅行記を終えて

     15回までで京都旅行記が終わったので、1から順番に並べ替えた。読んでもらえるようには整理できていない。自分のための心覚えという感じ。行った先のことはほとんど書かずに、そこまでの道順ばかりを一生懸命書いている。結局、ぼくは名所旧跡にあまり興味がない。街並みや、道や、交通機関が好きなのだ。名所はそのための動機づくりだ。それにいちおう行きました、ということにしておかねばならないし。 歩く道々に思い出が詰...

  • 編集手順

     パスワードを入れたが修正できなかったという投稿が来た。理由が分からない。どこかの手順が抜けていないか。「コメント編集をクリック」⇒「本文を修正する」⇒「パスワード(初回投稿時に入れたパスワード)を入れる」⇒「送信」⇒「認証用キーワードを記入」⇒「送信」 以上の手順を踏めばできるはずです。できないとすればどこかが抜けています。...

  • 高原さんへ――パスワード

     17日付管理人あてコメントで「パスワードがふたつある」という指摘、以前にもいただきましたが、意味が分かりませんでした。今回分かりました。「手書き文字を読みとっていれるパスワード」というのは、コンピューターを使った無差別大量投稿をはねのけるために設けられている仕組みらしいです。これは数字を読みとって記入しなければ、投稿が完了しません。パスワードではありません。 パスワードは本文の下に記入する囲みがあり...

  • 高原さんへ――休戦宣告

     高原さんへの質問が的外れだったようなので、もうやめます。本意は誰にでもわかるように書いてほしいということだったのですが、「読めばわかる。質問しているようなことはすでにどこそこに書いている。読まずに質問している」ということなので、たしかにもっともなので、読めるようになるまで中断します。いままで書いた部分はぼくのひとりごとだと思ってください。高原さんが気になるようなら、消去します。ただし、その場合は...

  • コメント管理――高原さんへ

     以下の理由で当方からのコメント管理はかなり難しい。1、ブログ本文からコメントを表示した場合、他人のコメントなので、削除できない。2、管理場面からコメント管理を表示すれば、管理者なので削除できるが、コメント番号がないので、どのコメントを削除してよいのかわからない。 今回コメントふたつを削除していますが、これでよかったのですか。 今後以下のようにしていただくと助かります。1、コメントを投稿する前に、...

  • 高原さんへ――確認

     要するに、61と62を削ればいいのですね。これと同じものがほかの場所にあるということですね。...

  • 高原さんへ――コメントについて

     管理人あてのコメントで何か書かれていましたが、よくわからないので、とりあえず全部承認しました。このなかで不要なもの、ダブっているものを指摘してください。 ちなみに、「……2へのコメント」「……3へのコメント」と書かれていますが、これは「……へのコメント2」「……へのコメント3」の間違いですね。削除はこちらで出来ますが、訂正はたぶん本人しかできません。それも編集用のパスワードを投稿前に入れておかないとでき...

  • 「サイレント・テロリスト」

     去年8月の「サイレント・テロリスト」に、今朝5時に拍手が付いた。このブログに拍手が来ることはめったにないので、しかもそのめったな拍手がしばしば遠い過去の記事に来るので、どこをどうたどって到達するのだろうと気になる。 記事は去年の「まがね」に発表された井上淳の同名小説に触発されて書いたもので、はてどんな内容だったかなと思って検索した。小説自体には触れていない。一般的な問題として書いている。 しかし...

  • 旅の終わり

     ついさっき、自宅に戻りました。高原さんのコメントを公開しました。 工学系の表現法について、H氏から個人的に反論が届いています。コメントでいただければ、公開できると思います。 上記について、ぼくの個人的な不慣れかとも思っていましたが、文系の人間には共通してわかりにくい表現法なのかもしれません。 会社時代は散々、なんとか法かんとか法で発表させられましたが、いつもばかばかしくてたまりませんでした。 根...

  • お休み

     ブログもパソコンメールも10日間お休みです。パソコン以外の機器を持たないので、のぞくこともできない。ということなので、よろしく。携帯は持ち歩いています。...

  • 今月の予定

     原稿の締め切りを二つ(金にならない、逆に金を食うだけの原稿)をかかえて、そのほかにもいろいろあって、てんやわんやしているので、たぶん当分記事を書けない。 また、20日から30日までは旅行に出かけるので、何も書けない。パソコン以外の電子道具を持たないので、中を覗くこともできない。メールの確認もできない。ということなので、あしからず。 いくつか書きたいこともあるので、出かける前に何か書くかもしれない。...

  • 「無言館の庭から」

    「無言館」の館長のエッセーを素晴らしいと書いたら、拍手とコメントを頂きました。賛同をありがとう。じっさい、小説よりも面白い人生を生きる人がいる。こういう人の前では小説も形無しです。 でも、このエッセーが面白いのは、単に生き方が面白いからだけではないですよね。その自分の生きてきた道を非常に複雑な目で振り返っている。「すべてよし」でもない。さりとて「すべて悪し」でもない。この複雑さに惹かれるのです。...

  • 拍手ありがとう

     めったに拍手もコメントも来なくなったが、きょう珍しく、拍手とコメントがそれぞれ別の記事についた。検察審査会の記事への拍手、ありがとう。いまごろになってこれを書いたのは、ずっと気になっていたからでもあるが、もちろん森友問題への検察の判断に不満だからです。...

  • 中本たか子

     浅尾大輔の「中本たか子論」に触れた去年1月18日の記事に、きょうコメントを寄せてくださった方がいて、このブログのコメントは承認制にしているので、承認のチェックを入れようとしたら、どこをポイントしても動かない。よく見たら、管理人限定のコメントだった。「中本たか子は郷里の偉人です。関心を持ってくれてありがとう」という記事です。ペンネームが添えられていたが、非公開コメントなので、書かない。ともあれ、あり...

  • 文芸同人誌案内

    「文芸同人誌案内」が「樹宴」16号と「まがね」61号の紹介を載せてくれました。このブログのリンクからご覧ください。...

  • ふくやま文学

    「文芸同人誌案内」に、「ふくやま文学」の紹介ページが出来ました。27号~31号まで5誌の内容を紹介してくれています。興味のある方はご覧ください。...

  • 「ふくやま文学」合評会

     この日曜日(14日)が合評会です。「ふくやま文学」を読まれた方は感想をください。一部の作品でも結構です。参考にしたい。 このブログへのコメントでも、メール添付でもどちらでもどうぞ。...

  • 「文芸同人誌案内」復活

     笹本さんありがとう。「文芸同人誌案内」が復活しました。当ブログのリンクから入れます。...

  • ヤフージオシティーズ

     先日、高原さんのホームページが消えるという連絡があって、そんなことがあるのかと驚いていたら、「文芸同人誌案内」が消えてしまった。ヤフージオシティーズというサービスが終了したのだそうだ。筑波にいる甥のホームページも消えた。 いまのところブログ関係はどこも無事のようだが、いつどうなるかわからない。必要なものはコピーしておくべきだろう。 ネット世界に疎いので、事情は分からないが、むかし、携帯電話が無料...

  • コメントの字数制限

     コメントの字数制限を解除しました。このブログは字数制限を「する」「しない」の二つの選択肢しかなく、「する」は500文字、「しない」は無制限になります。 かつてメチャクチャ長くて読みにくいコメントをくださる方がいたので、やむを得ず制限したら、500文字になってしまいました。500文字では何も書けないので解除します。2000文字くらいはいいですよ。原稿用紙5枚です。それを超えるものはメール添付でもらいたいが、メー...

  • 「幽霊」へのコメントありがとう。

     うれしいコメントなのに、昔の記事についていて目立たないので、本文に移したいのだけど、いいですか。承認いただけたら移します。コメントからでも、メールからでもいいです。...

  • 「平井真」

    「平井真」に拍手。ありがとう。避雷針にひっかけて、そういうイメージ(何だか知らないけどとんがったやつ)で読んでもらおうとしたけれど、どうだろう。中断したままの作品です。 拍手からも、コメントが書けます。これは非公開で、管理人だけが読みます。 メールフォームからメールをくださっても結構です。...

  • 久しぶりのコメント

     最近読者から見捨てられてコメントもつかなかったけど、久しぶりに付きました。笙野頼子に触れた記事です。承認したので、公開されました。できたら、ペンネームでもよいから足跡を残してほしい。 笙野頼子は彼女が「民主文学」に書いた文章しか読んでいないので、それ以上はわかりません。いつか読みたいとは思っているのだけど。 ネット初心者がぼくの「幽霊」を読んでくれたらしく、コメントを書きたいけど書きかたがわから...

  • コメントについて

     コメントをくださる方は、記事の右下にある「コメント」という文字をクリックしてください。「このエントリーにコメントを残す」という文字が出てくるので、そこをクリックしてください。コメント欄が出てきます。名前はペンネームで結構です。ほかの欄は無視して、本文だけ書いてください。「管理者にだけ表示する」はクリックしない。(ほかの人に読んでほしくない場合だけクリックしてください)。任意の「パスワード」を入れて...

  • 幽霊

    「幽霊」に拍手をくださった方、ありがとう。30数年前30数才で書いたごく短い作品ですが、ぼくの書いたなかで一番評判のいいもので、嬉しいのですが、少しは不満です。というのはあの作品にはぼくの作為というかテクニックが少しも入ってないからで、ぼくが書いたものとはいまでも思えないのです。 見た夢をそのまま原稿用紙に移動しただけです。作者はぼくではありません。ぼくの夢なのです。何を書いたのか、自分でもわからない...

  • 拍手ありがとう

     たいへん古い記事3つにひとつずつ拍手が付いた。どうもありがとう。...

≪前のページ≪   1ページ/11ページ   ≫次のページ≫