FC2ブログ

 ・「ふくやま文学」31号発行 ・「樹宴」16号発行 ・「樹宴」15号発行 ・文芸同人誌案内 ・「ふくやま文学30号」「樹宴14号」「まがね60号」 ・「樹宴」「ふくやま文学」 ・「樹宴」13号 ・「樹宴」12号 刊行 ・「まがね59号」発行 ・「樹宴」11号発行 ・「ふくやま文学」29号発行

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

カテゴリ:同人誌広告のエントリー一覧

  • 「ふくやま文学」31号発行

     発行 2019年3月1日 内容 小説 「暗い谷へ」糟屋和美 「穴蔵生活」岩田典子 「シンチャオ」わだしんいちろう 「空に躊躇う月」荻野 央 「音のない花火」花岡順子 「夏至」落合トア子 「白い風船」もろ ひろし 「午前2時の魚」瀬崎峰永 「再会」白石宏平 「遠い海鳴り」河内きみ子 「朝」石崎 徹 「母の箪笥」岡野初枝 「Fall into the sky」高橋 朋 「尋ね人」中山茅集子 その他、詩、児童文学、随筆など 福...

  • 「樹宴」16号発行

    発行 2019年2月28日内容「ちぎれ雲」大丘 忍「林檎と涙」木沼駿一郎「花屋さん」池田忠昌「サンフランシスコに暮らして」池田忠昌「つまらない話」石崎 徹「綿毛(第2回)」守屋陀舟 傑作ぞろいです。 ご注文は以下まで。 東京都葛飾区水元311-14-1204 深井方 樹宴文学同人会 TEL 03-3600-2162 定価が書いてないので、お電話ください。...

  • 「樹宴」15号発行

    大丘 忍「山村の秋」(32ページ) 教授選挙に負けたがわに付いて大学を追い出された相模は、いっとき自暴自棄になるが、四国の無医村で医者としてのやりがいに目覚めていく。息子が家出して訪ねて来、それを追って田舎嫌いの妻もやってくる。勝手の違う田舎の人々だが、妻はいつしか馴染んでいく。 素晴らしい出来栄えである。感動必至、ぜひ一読願いたい。守屋陀舟「綿毛」(15ページ) 作者には珍しい現代都会物。しゃれた描...

  • 文芸同人誌案内

     本ブログのリンク欄トップに置いている「文芸同人誌案内」をご覧ください。 60号の紹介と、あわせて、記事内容の変更をやってもらいました。「ま行」もしくは「中国地方」から「まがね」が出て来ます。矢印をクリックしてみてください。「まがね」の紹介記事が出て来ます。 定価と掲載料が変更されています。...

  • 「ふくやま文学30号」「樹宴14号」「まがね60号」

     同人誌広告が中断しているので、ここに記す。「ふくやま文学30号」に、30数年前に書いた「祈り」「樹宴14号」に、「スプーン一杯のふしあわせ」の最終回「まがね60号」に、久しぶりの新作「タイムマシン」 ご希望の方はメールフォームにご連絡を。 Eメールがしばらく不調だったが、回復した。...

  • 「樹宴」「ふくやま文学」

    「樹宴13号」 K氏よりPDFの提供を受けて印刷所に増刷を注文した。期の替わり目とぶつかったので注文が殺到しているらしく、一か月かかる。先月末に発注したので、今月末には来る。来たらまたいつものみなさんへは送ります。「ふくやま文学30号」 10冊入手しましたが、子供たちに一冊ずつ、まがねメンバー用に五冊、あと某氏に一冊あげて終わりです。 読んでくださる方は事務局あてに注文してくださるようにお願いします。 じつ...

  • 「樹宴」13号

    「樹宴」は今回K氏手作りを5冊いただいただけで、「まがね」の常連に配ってなくなってしまった。PDFデータをもらったので、自分で印刷製本屋に注文を出す。いま折衝を開始したところである。 誤字脱字が目に付くが、PDFは修正ができない。そこは目をつぶってもらおう。最近の読者は(作者も)誤字脱字をあまり気にしないようだ。ブログの文章などひどいもので、大学で教えていたような人でも平気で誤変換を放置している。 今回...

  • 「樹宴」12号 刊行

    小説 大丘 忍  「誤診」 14頁 木沼駿一郎 「誰か?」(最終回) 32頁      守屋陀舟  「遺書」 32頁 石崎 徹  「スプーン一杯のふしあわせ」(第二回) 36頁翻訳 シェイプ・オブ・シングス   トルーマン・カポーティ  5頁                   訳 S・T随想 読書雑感            守屋陀舟 すずめばち           大丘 忍 才能の限界         ...

  • 「まがね59号」発行

     長らくお待たせしましたが、「まがね59号」が発行されました。 ぼくは例によってエッセーだけですが、昔懐かしいアーノルド・ウエスカーについて書いています。 小説6篇、いずれも(?)力作です。〇妹尾倫良 「消えた子」35枚 1945年10月16日8時40分 岡山県福渡町石引地区にて火薬爆発。総量5トン。轟音は四国まで届いた。死者5歳男児1名、陸軍曹長1名、重傷20名、軽傷300名、 何があったのか、真相を求めて訪ね歩く...

  • 「樹宴」11号発行

    「樹宴」11号発行です。 こちらには拙作ミステリー「スプーン一杯のふしあわせ」の連載を始めました。「福山ミステリー文学新人賞」一次通過作品です。各回百枚づつ、4回で終了です。 なお、次の各氏が小説を書いています。 大丘忍 守屋陀舟 足立 武 木沼駿一郎 定価500円 送料180円 116ページ(簡易製本) 注文先 〒125-0032 葛飾区水元3-1-14-204 深井方 樹宴文学同人会 TEL 03-3600-2162 e-mail kofu65y@yaho...

  • 「ふくやま文学」29号発行

    「ふくやま文学」29号が発行されました。 今回拙作「幽霊」を載せていただきました。 ほかにも13名の力作小説、5名の詩、6名の随筆、児童文学1、紀行文1、特集エッセー(食べごとのはなし)9、総ページ236頁上製、表紙絵は開原通人です。 定価500円、送料180円です。以下にお申し込みください。 〒721-0971 福山市蔵王町3197-3 大河内喜美子...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫