・訂正 ・自転車の力学 ・モチーフに関する一考察 ・習近平報告 ・選挙を終えて ・オーウェルとドイッチャー  Tさんに ・こうの史代「この世界の片隅に」 ・カズオ・イシグロと記憶 ・ジョージ・オーウェル「1984年」 ・松竹伸幸 ・「憲法9条」再掲について ・憲法9条 はじめに ・憲法9条(第1回) 日本の戦後処理 ・憲法9条(第2回) 中国 ・憲法9条(第3回) 日米安保条約 ・憲法9条(第4回) 北朝鮮 ・憲法9条(第5回) 拉致問題 ・憲法9条(第6回) 9条と自衛隊 ・北朝鮮 ・「樹宴」12号感想 ・神里達博 ・ジョージ・オーウェル ・「樹宴」12号 刊行 ・「まがね」と「樹宴」 ・「民主文学」17年9月号 後半 ・「民主文学」17年9月号 ・憲法9条 13年11月20日 ・参考 ・瀬崎さんへ 2 ・瀬崎さんへ ・日本基督教団・在日大韓基督教会平和メッセージ ・小熊英二 補論 ・前項に(小熊英二) ・小熊英二とIT ・「まがね59号」発行 ・みたびモース ・マルセル・モース「贈与論」 ・高原さんのコメントに(文章を一部修正しました) ・哀悼 劉暁波 ・「民主文学」17年8月号 ・所感 ・「私は天皇主義者になった」 ・倉園沙樹子「巨艦の幻影」(民主文学8月号) ・社会党 ・小熊英二と建国72年 ・「暦の上では」 「梅雨入りしたのに」 「安全であるはずの」 ・立春 ・竹内七奈「或る家族の瓦解」(民主文学17年7月号) ・旭爪あかね「シンパシー」について (15年10月) 再掲 ・「譲葉の顔」再読 ・「民主文学」17年6月7月号 ・天皇退位問題 主語述語 ・ケヴィン・ベーコンと太上天皇 ・籠池とプラトン ・大丘作品評 ・たんめん老人の「虞美人草」 ・「虞美人草」討論会 ・復讐劇としてのミステリー ・「虞美人草」のこと ・休止通知 ・サマルカンドの大丘評 ・「樹宴」11号への感想 ・「スプーン一杯」の感想来る。 ・「ふくやま文学」29号 ・天皇退位私論 ・小説と謎 ・豆塚エリ「いつだって溺れるのは」(太宰治賞候補 234枚 23歳) ・小説の条件 ・「樹宴」11号発行 ・「ふくやま文学」29号発行 ・噛み合わない議論 ・広井公司「トランス・ペアレント」(268枚 太宰治賞候補 39歳) ・コメント編集用ボタン ・高原・植田対論 ・サクラ・ヒロ「星と飴玉」(310枚 2016年太宰治賞候補作)37歳 ・「楽園」追加 ・夜釣十六「楽園」137枚(「太宰治賞2016」筑摩書房) ・「民主文学」17年3月号 ・美について ・文法について ・夜釣十六 ・「民主文学」の選評 ・野川 環「サクラサクサク」(「民主文学」16年12月号) ・菊池明「初冬の風に」 紀田祥「郷に入りても…」(「民主文学」16年12月号) ・肯定の肯定 続き 高原さんへ ・植田さんのコメントに 交換価値 ・肯定の肯定 ・竹内七奈の意見 ・637→633 ・高原さんへの暫定的な回答 ・ロカンタン 鴨長明 使用価値 ・恩田陸 ロカンタン――植田さんのコメントに ・恩田陸からサルトル、そしてマルクス ・「民主文学16年11月号」 ・「クレーン38号」2017年 前橋文学伝習所 ・もろ ひろし「空中楼閣(4)」(「クレーン38号」2017年 前橋文学伝習所) ・欧米文学における人物の呼称 ・「こころ」など ・ポルフィ―リー ・太政官制について小さな補筆 ・ファーストネーム ・「失われた夜のために」について――矢嶋直武氏に答える(その1) ・「失われた夜のために」について――矢嶋直武氏に答える(その2) ・「失われた夜のために」について――矢嶋直武氏に答える(その3) ・「失われた夜のために」について――矢嶋直武氏に答える(その4) ・笹本敦史「落葉を踏んで」(「民主文学」17年2月号) ・「夜」の「序」について ・「コンビニ人間」追加 ・「コンビニ人間」再読 ・村田沙耶香「コンビニ人間」16年7月度 芥川賞 ・鶴岡征雄「雨蛙」(「民主文学」17年1月号) ・工藤勢津子「ロング・グッドバイ」(「民主文学」17年1月号) ・野里征彦「K捕虜収容所」(「民主文学」17年1月号) ・風見梢太郎「黒い凍土壁」(「民主文学」17年1月号) ・柴垣文子「滾々と泉は」(「民主文学」17年1月号) ・コロボックル ・吉開那津子「ある作家の肖像」(「民主文学」17年1月号) ・小石雅夫「アヲイ ソラ」(「民主文学」17年1月号) ・仙洞田一彦「忘れ火(連載第1回)」(「民主文学」17年1月号) ・記事の修正 ・馬場雅史「寂しくても 悲しくても ネギ刻む」(民主文学推薦作品優秀作) ・「アラビアのロレンス」1962年 英 監督 デヴィッド・リーン 主演 ピーター・オトゥール ・TPPとピケティ ・『失われた夜のために』を読む(その1) 矢嶋直武 ・『失われた夜のために』を読む(その2) 矢嶋直武 ・『失われた夜のために』を読む(その3) 矢嶋直武 ・SEALDsと奥田愛基 ・「シンゴジラ」から「寒い国から帰ったスパイ」まで ・明仁の辞職 ・トランプ ・中国地区研究集会 ・近況 11月 ・休載 ・日本語文法について ・日々是好日 ・「失われた夜のために」 ・ホロコースト記念館(福山) ・池戸豊次「鹿を殺す」(「民主文学」16年9月号) ・石井 斉「海が見えたら」(「民主文学」16年9月号) ・矢嶋直武作品二本 ・失われた夜のために (序) ・失われた夜のために (その1) ・失われた夜のために (その2) ・失われた夜のために (その3) ・失われた夜のために (その4) ・失われた夜のために (参考系譜) ・失われた夜のために (その5) ・失われた夜のために (その6) ・失われた夜のために (その7) ・失われた夜のために (その8) ・失われた夜のために (その9) ・旧稿改作 ・稲沢潤子のH元首相について ・「民主文学」16年10月号 ・稲沢潤子「ある謝罪」(「民主文学」16年10月号) ・瀬峰静弥「ゆうたのこと」(「民主文学」16年10月号) ・植田与志雄氏の回答 ・解決 ・SOS ・植田与志雄氏への手紙 ・矢嶋直武氏について ・石崎徹の描く文学世界  矢嶋直武 (その1) ・石崎徹の描く文学世界  矢嶋直武 (その2) ・石崎徹の描く文学世界  矢嶋直武 (その3) ・石崎徹の描く文学世界  矢嶋直武 (その4) ・石崎徹の描く文学世界  矢嶋直武 (その5) ・何が問題なのか ・クアラルンプールから ・日本共産党の中国共産党批判 ・<他人事>から<わがこと>へ ――浜野博の世界―― (その1) ・<他人事>から<わがこと>へ (その2) ・<他人事>から<わがこと>へ (その3) ・<他人事>から<わがこと>へ (その4) ・「浜野論」への批判 ・「浜野博論」を公開して ・「浜野博論」公開予告 ・「まがね58号」感想について ・拍手ありがとう ・「芥川賞」と「竹島 尖閣」への拍手 ・「浜野論」と「石崎論」 ・高原さんへ――まがね58号 ・日本語と主語について ・物々交換とマルセル・モース ・「属国民主主義論――この支配からいつ卒業できるのか」白井聡 内田樹 東洋経済新報社 2016年 ・町内会とサヨク ・スポンサー防止に ・志位ポスター ・ポスター ・「民主文学」東京東部支部発足 ・北村隆志様 ・木曽ひかる「暖簾」 竹内七奈「大切な宝を守れ」(「民主文学」16年6月号) ・「広い感情」と「新しい感情」 ・岩崎明日香「角煮とマルクス」(「民主文学」新人賞) ・福山ばら祭とヨーヨーのNaoto(その1) ・福山ばら祭とヨーヨーのNaoto(その2) ・付け足し ・芥川賞16年度上期 ・みたび「社会主義リアリズム」 ・ふたたび「社会主義リアリズム」について ・藤井登美子「天明の篝火」 ・放射能が降っています。静かな夜です。 ・短編三作(「民主文学」16年5月号) ・谷本氏の論考について ・谷本 論「『社会主義リアリズム』とは何だったのか」(「民主文学」16年5月号) ・ムルソーから「ペスト」へ ・「ふくやま文学」合評会(16年度) ・瀬崎峰永「11月のひまわり」(「ふくやま文学」28号) ・その日暮らし ・石崎 徹 ・推薦入学コメント ・推薦入学 ・ほっとタイム・ライブ ・高市発言 ・王毅発言 ・謝罪 ・内田百閒「第一阿房列車」 ・「どうでもいいことだが」について ・佐藤泰志「海炭市叙景」 小学館文庫 ・どうでもいいことだが ・北朝鮮 ・中山茅集子 井上ひさし 「夜」改稿 ・「価値」付け足し ・「価値」続 ・「価値」について ・「朝」 ・コソボ ・「嘔吐」 ロカンタン ・作品論から作品集へ ・山内マリコ、その他 ・作品集と過去作について ・メールアドレス ・中華民国旗 ・誤解 ・拍手コメントを下さった方に ・辺見庸 ・浅尾大輔「支部の人びと」(「民主文学」16年2月号) ・小説と社会問題(拍手コメントに) ・羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」 ・系図 ・又吉直樹「火花」 ・龍應台(ロンインタイ) ・中村文則 ・ヨーロッパ(その1) ・ヨーロッパ(その2) ・ヨーロッパ(その3) ・ヨーロッパ(その4) ・福岡伸一先生の今日の言葉 ・「民主文学」16年1月号 ・デカルト レーニン サルトル ・日韓和解 ・高橋篤子 ・「マルクス雑感」再掲について ・マルクス雑感( 2014年10月01日) ・大仏次郎賞および大仏次郎論壇賞 ・高原さんのコメントに ・ボノボ新説 ・動物はいかにして誕生したか ・感謝 ・高原さんへ ・TRIZ再録について ・TRIZ再録(15年4月16日) ・朝日新聞連載小説 ・ボリス・シリュルニク ・集団的自衛権(の話ではないが) ・斉藤久仁子「呉発討幕―宇都宮黙林の事績を巡る―」(瀬戸文学通信Vol.236 15年3月) ・小林 節 ・ロカンタン ・高橋源一郎「ぼくらの民主主義なんだぜ」(朝日新書780円) ・キリノと加納莞蕾 ・SEALDs批判に ・左翼のみなさん ・Aさんのこと ・高橋源一郎のこと ・SEALDs ・近況報告 ・SEALDs「民主主義ってこれだ」(大月書店1500円) ・中国地区研究集会 ・無名さんへ ・質問です ・高橋源一郎×SEALDs「民主主義ってなんだ?」河出書房新社1200円 ・「失われた夜のために」改稿 ・仕事開始 ・高原さんへ ・国民連合政府 ・原稿に戻った ・木曽ひかる「最終章」(民主文学11月号) ・かなれ佳織「チキンラーメン」(民主文学11月号) ・渥美二郎「この夏の祈り」(民主文学11月号) ・旭爪あかね「シンパシー」(民主文学11月号) ・黒川創、と「京都」 ・竹内七奈「夢幻泡影」(民主文学10月号) ・ 高原論考翻訳文の修正 ・たなかもとじ「意見陳述」(民主文学10月号) ・高原コメントを本文に移すにあたって ・「抽象的平和 二版」 高原利生 (ただし石崎による翻訳文) ・エプソン騒動 ・秋元いずみ「はじめのいーっぽ」(民主文学10月号) ・新聞連載小説 ・横田昌則「シグナル」(民主文学10月号) ・「中国とどう向き合うか」 ・佐田暢子「雪の一ト日」(民主文学10月号) ・立派になった日本の姿に涙 ・「わたし」が主語になった ・「続・夕日のガンマン」 ・休暇終わり ・意見の違いについて ・武蔵野扶桑教会 ・映画「野火」の塚本晋也 ・日本国憲法第12条 ・吉田恭教「変若水(をちみず)」(光文社2011年) ・二年前の都議選結果評 ・高原さんへ ・高原さんへ ・「失われた夜のために」について ・励ましありがとう ・落選 ・「名探偵再登場」 1978年 アメリカ ・朝日読者の「それから」感想 後編 ・朝日読者の「それから」感想 ・朝日新聞の連載小説 ・木沼さん、ありがとう ・高原さんへ ・木沼さんへ ・深木章子「鬼畜の家」(原書房2011年) ・高原さんへ ・鮑彤(パオ・トン) ・エンブレム ・高原さんへ ・旭爪あかね「稲の旋律」(新日本出版社2002年) ・転載文について ・高原文に生じたもう一つの誤解について ・高原文の修正について ・高原文の転載にあたって ・「抽象的愛の否定(エンゲルス)と抽象的平和(憲法9条)の否定の関係、及び定義について」 高原利生 ・高原さんへ ・高原さんへ ・読者は歴史小説に何を期待するか ・「積極的平和主義」、と領土問題 ・植田さんへ ・三田誠広「道鏡」(河出書房新社2011年) ・木沼さんへ ・朝鮮問題 ・日本は君主制か、共和制か ・足立さんへ ・デボーリンさん、ならびに読者の方へ ・木沼さんへ ・木沼さんへ ・嶋戸悠祐「キョウダイ」(講談社2011年) ・守屋陀舟「餅屋茶屋始末記 第一話 兜松仇討ち異聞」(「樹宴」8号) ・「化粧」追加 ・朝鮮問題と古本屋氏 ・「樹宴」8号の感想について ・木沼駿一郎「化粧」(「樹宴」8号) ・足立 武「煙草」(「樹宴」8号) ・大丘 忍「老女の生き甲斐」(「樹宴」8号) ・大丘 忍「茶飲み友達」(「樹宴」8号) ・植田文博「経眼窩式」(原書房2014年) ・余秀華の詩 ・「あなたを寝に行く」余秀華 ・デボーリンさんへ ・叶 紙器「伽羅の橋」(光文社2010年) ・大丘忍さんへ ・柔道、剣道 ・別府葉子 ・木沼さんへ ・塚本晋也監督「野火」 ・「樹宴」感想 ・大丘忍「累積赤字を削減せよ」「暗い町並み」(「樹宴」6号7号) ・木沼駿一郎「天女の棲む町(乱歩幻想)」(「樹宴」7号) ・守屋陀舟「胸はいま」(「樹宴」7号) ・「玻璃の家」追加 ・松本寛大「玻璃の家」(講談社2009年) ・岸田國士とソフトギアと上之町会館とカレー屋、おまけで漱石 ・「びんご案内人」 ・瀬崎さんへ ・笹本さんへ ・木沼駿一郎様へ ・「福ミス」一次選考通過 ・北島去男さんへ ・プロかアマか ・植物戦争 ・一田和樹「檻の中の少女」(原書房2011年) ・「古本屋通信記事にびっくり」デボーリンの墓守 ・にしうら妙子「鳩時計」(民主文学15年4月号) ・矢嶋直武「犬と鈴と老人」(民主文学15年4月号) ・佐田暢子「水天の月」(民主文学15年4月号) ・若井香「日向」(ふくやま文学14号2002年) ・「民主文学」とミステリー ・若月香「屋上と、犬と、ぼくたちと」(光文社2014年) ・「民主文学」4月号5月号 ・高橋篤子について ・高橋篤子「ウッナイ」(民主文学15年7月号) ・田上庫之介「くすり」(民主文学15年7月号) ・荒木雅子「モクレン通り」(民主文学15年7月号) ・芝田敏之「ぼくの父は」(民主文学15年7月号) ・仙洞田一彦「久しぶりの話」(民主文学15年7月号) ・「全学連書記局員」デボーリンの墓守 ・高林さわ「バイリンガル」(光文社2013年) ・「誰がための刃」2 ・知念実希人「誰がための刃 raison d'être」(講談社 2012年) ・葛飾応為 ・ロカンタンの「嘔吐」と代助の「足」 ・北島去男 ・「少女たちの羅針盤」2 ・水生大海「少女たちの羅針盤」 ・「それから」「失われた夜のために」「嘔吐」 ・吾輩は猫である ・内田 樹 ・橋下 徹 ・新人賞受賞者たち ・成田富月「つなぐ声」(民主文学新人賞佳作) ・「CAVA!」再々補遺 ・「CAVA!」再補遺 ・新人賞補遺 ・「CAVA!」の作者 ・野山あつむ「CAVA!」(民主文学新人賞佳作) ・木曽ひかる「月明りの公園で」(民主文学新人賞) ・小説主人公における名前 ・「百日紅」 ・Once Upon a Time in the West ・日本人にとって名前とは何か ・原稿終了発送済 ・ミステリー完成 ・「影丸伝」から「もののけ姫」へ ・転勤族の故郷 ・カミュ「異邦人」から白土三平「忍者武芸帳 影丸伝」 ・「ふくやま文学」再論 ・高原さんへ ・全共闘時代 ・植田さんへ ・TRIZ ・「物語と小説」および文法について ・エッセイと小説 ・「ふくやま文学」合評会 ・林真理子 吉本ばなな ・高原さんの主張 ・ブログ休憩 ・「それから」「虞美人草」 ・三四郎 ・タテマエと本音 ・あひるさんへ ・高原さんのコメント ・「ふくやま文学」27号 ・作品批評 ・植田さんへ ・リスク ・「名探偵石崎義忠翁」 ・「1984年」ジョージ・オーウェル ・「ピケティから考える」植田与志雄 ・ピケティとクラウドファンドメディア ・ユダヤ ・イラン キューバ ・左翼 ・コメントへの感謝 ・デボーリン・コメント ・偽善 ・オシドリ ・「アヒル」さんへ ・シンデレラの罠 ・拍手コメント ・速見賢三 ・高原さん、植田さんへ ・曽野綾子 ・「渚にて」「天空の蜂」他1件 ・植田、高原論争について ・高原氏への植田氏の回答 ・相撲と囲碁 ・「シンデレラの罠」セバスチアン・ジャプリゾ ・植田「情報論」批判 高原利生 ・「書く」ということ ・「渚にて」ネビル・シュート ・「平井真」経過 ・高原さんへ「平井真」 ・「まがね」次号 ・モンゴル相撲など デボーリンの墓守 ・作品批評へのコメントに ・東喜啓「蘇鉄のある家」(「民主文学」15年3月号) ・浅野尚孝「きみのとまり木」(「民主文学」15年3月号) ・白鵬 ・石井斉「妻と星空」(「民主文学」15年3月号) ・政府批判自粛への批判 ・民主主義文学とは何か ・エターナル・サンシャイン付記 ・「イスラム」へのコメント デボーリンの墓守 ・松本たき子 ・「三四郎」から「ママ友は自衛官」まで ・竹内七奈「自然的平穏生活」(「民主文学」15年3月号) ・渥美二郎「空の巣の日々」(「民主文学」15年3月号) ・「物質的代謝からはみ出した営み」植田与志雄 ・植田氏のコメント ・「自我は遺伝子に反逆する」植田与志雄 ・イスラム再考 ・植田さんへ(竹内理論) ・イスラム ・三四郎からドーキンスへ ・遺伝子と神 ・竹内久美子「そんなバカな! 遺伝子と神について」(文春文庫1994年) ・シャルリー追加 ・私はシャルリー ・「平井真」について ・W.D.ハミルトン ・「偉大なる暗闇」と別件「母音について」 ・プロメテウスの罠 ・チンパンジーとボノボ ・Frozen ・「神曲 地獄篇」 ・川上 徹 ・トマ・ピケティ公開授業 ・パリ テロ 追記 ・パリ テロ ・エターナル・サンシャイン ・文字が言葉を貧しくする ・デボーリン文書について ・「総選挙、国民審査について」デボーリンの墓守 ・最上 裕「さくらの雲」(民主文学15年1月号) ・高原さんへ 資本の論理 ・青木陽子「口三味線」(民主文学15年1月号) ・須藤みゆき「冬の坂道」(民主文学15年1月号) ・秋元いずみ「真夏の夜」(民主文学15年1月号) ・デボーリンの墓守さん ・誠之館命名由来 ・不破京都演説 ・「誠之館」の転載について ・誠之館(「たんめん老人」より転載) ・たんめん老人さんへ ・仙洞田一彦「病は気から」(民主文学15年1月号) ・工藤勢津子「幸福のかたち」(民主文学15年1月号) ・永遠にゼロ ・香港の祭りの終わり ・能島龍三「北からの風に」(民主文学15年1月号) ・「不確定な矛盾の生成」とスライドについて ・「不確定な矛盾の生成」とそれへの疑問について ・高原利生「不確定な矛盾の生成」 ・「不確実な矛盾の生成」への疑問 ・古本屋さんへ ・古本屋さんありがとう ・笹本敦史「家族写真」(民主文学15年1月号) ・ブラック企業 ・匿名さんへ ・大陪審 ・桃太郎 ・日常 ・匿名さんへ ・「1970年」 ・密室殺人 ・Pity's akin to love ・総選挙 ・「未成年」と右側通行 ・美禰子と与次郎 ・小説とは何か ・1970年 続き ・1970年 ・高橋恵子「歓送」論 ・原稿脱稿 ・高原さんへ ・デボーリンの墓守さんへ ・高原さんへ ・原稿 ・高原さんへ ・高原さんへ ・高原さんへ 「平井真」 ・原稿とブランデー ・「平井真」アップ ・平井真(1) ・平井真(2) ・平井真(3) ・サマトラケのニケ ・たんめん老人 ・ひらがな ・高橋恵子 平井真 ・ミス ・三四郎 服装描写 ・たんめん老人のたんたん日記 ・小澤 直 追加 ・エッセーについて ・高原さんへ ・執筆宣言 ・高原論文「物々交換」 ・「レーン最後の事件」 ・デボーリンの墓守さんへ ・「三四郎」サマトラケのニケ ・投企 ・たなか もとじ ・ふくやま文学 瀬崎峰永 ・Yの悲劇 三四郎 ・実家について ・高原さんへ ・井上通泰「村の墓」(民主文学14年7月号) ・朝日誤報問題 ・「民主文学」14年11月号 ・青木資二「拳」(民主文学11月号) ・植田さんのこと ・「まがね」最新号 広島研究集会 ・須藤みゆき「六年間の希」(民主文学11月号) ・「民主文学」14年10月号 ・「Xの悲劇」エラリー・クイーン ・デボーリンの墓守さんへ ・浪人さんへ モーム「雨」 ・「レイコの沈黙」瀬崎峰永 ・サービス労働と剰余価値 ・植田さんと高原さん ・瀬崎峰永さんへ ・マルクス雑感 ・たばこ続 ・コメントに ・朝日問題について ・高橋源一郎「朝日誤報問題」 ・たばこ ・植田・高原論争への疑問 ・浪人さんへ ・旅、禁煙、新山口、津和野、萩 ・啄木 続 ・啄木 ・ラピュタ街道 ・原稿執筆 ・近況 ・乙川優三郎「脊梁山脈」(新潮社) ・原稿消滅 ・高橋源一郎 酒井啓子 ・従軍慰安婦 ・夏休み終了 ・コメントについて ・匿名氏へ ・拍手に感謝 ・「こころ」と「K」 ・「天皇」という言葉について ・水野良正「島川診療所譚」すおう文芸38号 ・「憂国」雑感 ・君主 ・「民主文学」9月号 ・中島京子 その他 ・松竹伸幸「集団的自衛権の深層」(平凡社新書)740円 ・高橋源一郎 ・「こころ」 ・「憂国」 ・「博士の愛した数式」追加 ・小川洋子「博士の愛した数式」 ・コメント ・「Zの悲劇」 2 ・価値について ・「Zの悲劇」 ・謎解き ・同志社小劇場 ・執筆経過など ・ヤジ弁護論に ・都議会ヤジ問題 ・中森明夫 ・解釈改憲 ・執筆経過 ・ケイタイ ・ピケティ続 ・右遠俊郎「二升ころび」72枚 34歳 ・天皇問題 ・右遠俊郎「給水塔のなかで」93枚 33歳 ・トマ・ピケティ「21世紀の資本論」 ・執筆経過 ・日本語 ・「ノロ鍋始末記」の教訓 ・フィリピンと日本 ・囲碁棋士 ・執筆経過 ・右遠俊郎「無傷の論理」105枚 33歳 ・東田一雄 実盛和子 千石ゆきえ 坪井宗康 ・論点 ・アンデルセン「雪の女王」 ・中国とどう向き合うか ・小林昭「人間を描く、ということ」(まがね例会用レジュメ) ・右遠俊郎「遠い春」「無傷の人」 ・右遠俊郎「告別の秋」「残った松笠」 ・プラグマティズム ・古本屋さん ・執筆経過報告 3 ・「祈り」「つまらない話」 ・執筆経過報告 2 ・お説教 ・価値基準(高原氏のコメント251に) ・価値観もしくは人生論(植田さんのコメント250に) ・林真理子 ・サマトラケのニケ ・科学的社会主義(植田さんのコメント247に) ・宗教と科学(植田さんに) ・朝日文芸時評 ・書くということ ・エホバの王国 ・拍手 ・耕三寺 ・執筆経過報告 ・カミュ ・「寒風に抗して」再論 ・原発所員、命令違反問題 ・蟹工船 ・祭りの終わりと、一回性について ・雨の日の雑感 ・美味しんぼ ・大道芸 ・推敲 ・すずめ ・佳作 長谷川美智子「リバティーに愛をこめて」 ・新人賞佳作 石垣あきら「望月所長へのメール」 ・民主文学新人賞受賞作品 竹内七奈「せつなげな手」 ・「民主文学」5月号 ・小林昭から、いろいろ ・「民主文学」4月号 ・メール復旧 ・近況 ・推理小説ピックアップ ・一人称 ・ブラック ・道路 ・漱石「こころ」 ・「ふくやま文学」合評会 ・スケジュール ・植田さんへ ・笹本さんへ ・スキャナ ・推理小説 ・加藤典洋 ・慰安婦 ・竹島 尖閣 ・小山田浩子「いこぼれのむし」 ・竹中 安東 菅沼 覚書 ・小山田浩子「工場」 ・大衆小説 ・小山田浩子から「ノロ鍋始末記」へ ・植田氏のコメントによせて ・植田氏のコメント ・資本論 9 ・町内会役員の皆さんへ ・「慰安婦問題」共産党声明への批判について ・慰安婦問題について ・慰安婦問題 共産党の見解 ・水上勉 瀬戸内晴美 ・資本論 8 ・「コスモス」の言い訳 ・高原さんへ ・「通俗性」について ・記事の転載 ・相沢一郎「寒風に抗して」(民主文学3月号) ・高野悦子 ・高原さんへ ・資本論 7 ・小山田浩子「穴」 ・コスモス連載終了 ・クリミア ・コスモス 8 ・コスモス 7 ・コスモス 6 ・コスモス 5 ・コスモス 4 ・コスモス 3 ・コスモス 2 ・「コスモス」のことなど ・「コスモス」公開 ・コスモス 1 ・資本論 6 ・漱石 ・植田さんへ(純文化) ・植田さんへ(生産的労働) ・資本論 5 ・宇野常寛 ・松井 活さんへ ・「ノロ鍋始末記」へのコメント ・ 都知事選 ・今井紀明君のこと ・「ノロ鍋始末記」について ・資本論 4 ・資本論 3 ・メール ・逃げます ・sakiさんへ ・古本屋さんへ ジャーナリズム ・慰安婦 ・資本論 2 ・都知事選 ・「マルクスは生きている」訂正 ・不破哲三「マルクスは生きている」 ・労働者の権力 ・マルクス主義同志会「海つばめ」 ・「ゴータ綱領批判」批判への批判 ・不破綱領批判への注の追加 ・小林秀雄、ドストエフスキー ・芥川龍之介と「『敗北』の文学」 ・藤中正義と横畑さん ・笹本さんへ ・剰余価値についての訂正 ・価値 ・サービス労働についての訂正 ・サービス、剰余価値 ・交換について ・コメントについて 2 ・コメント ・コメント、メール、検索 ・少子化、沖縄 ・高原さんへ 「ノロ鍋始末記」 ・資本論 ・植田氏の労働観について ・植田与志雄「労働について―高原氏に」 ・物々交換 ・笹本敦史「走り出す」(民主文学2月号) ・沖縄 追記 ・沖縄 ・古本屋通信さんへ 20 ・榊利夫「マルクス主義と実存主義」(1966年青木書店) ・星野智幸 ・罪と罰 ・吉良よし子 ・物々交換、そしてエンゲルス(高原さんへ) ・ある経営者党員の詩 ・高原さん、植田さんへ ・メールの件、そしてエガリテ、植田、高原各位へ ・須藤みゆき「ミドリの願い」(民主文学1月号) ・労働(高原さん、植田さんに) ・共産党9中総「第26回大会決議案」についての感想断片 高原利生 ・共産党大会決議案と、エガリテ批判文 6 ・共産党大会決議案と、エガリテ批判文 5 ・共産党大会決議案と、エガリテ批判文 4 ・共産党大会決議案と、エガリテ批判文 3 ・共産党大会決議案と、エガリテ批判文 2 ・共産党大会決議案と、エガリテ批判文 ・天皇 3 ・労働(植田氏のコメントから) ・労働(高原氏のコメントから) ・天皇 2 ・「失われた夜のために」 高原様 ・鴨川出版 編集長の冒険 ・高原利生さんへ ・コメントについて ・天皇 ・秋田書店と吉良よし子 ・池澤夏樹 ・失われた夜のために 序章 ・粒度 ・浪人さんへ 3 ・浪人さんへ 2 ・ダヴィドフ「自由と疎外」 ・啄木の思い出 ・家系の話(6) ・家系の話(5) ・家系の話(4) ・家系の話(3) ・家系の話(2) ・ 浪人さんへ ・山本太郎 ・風見梢太郎「海洋汚染」について ・家系の話(1) ・緑の党 ・高原・植田論争についての私見 ・非公開コメントについて ・工藤勢津子「帰郷」(民主文学11月号) ・古本屋通信さんへ 19 ・さざ波通信と、長い名前の ・高原さん、植田さんへ 3 ・高原氏紹介の田中 宇氏提供の情報 ・高原さんへ ・エジプト、シリア、イラン ・高原さん、植田さんへ 2 ・高原さん、植田さんへ ・興味深い議論です  植田与志雄 ・「ふたたび50億年」について 二版  高原利生 ・ふたたび「50億年」 ・古本屋通信さんへ 18(津田孝) ・高原利生さんへ ・植田与志雄さんへ ・植田与志雄さんへ ・ 高原利生さんへ ・古本屋通信さんへ 17 ・シリア ・須藤みゆき「秋ゆく街で」(民主文学10月号) ・寺田美智子「朝焼け」(民主文学10月号) ・東 喜啓「長池ちゃんのこと」(民主文学10月号) ・風見梢太郎「海洋投棄」(民主文学10月号) ・1994年の不破報告について ・古本屋通信さんへ 16 ・片山峰子「きずな」(日本文教出版) ・映画「少年H」 ・成澤榮壽「破戒論」(民主文学9月号) ・拍手に感謝 ・古本屋通信さんへ 15 ・「民主文学会」 ・古本屋通信さんへ 14 ・桜木紫乃「ホテル・ローヤル」 ・古本屋通信さんへ 13 (個人攻撃) ・植田さんへ ・野原燐さんへ ・藤野可織「爪と目」 ・批評の基準 ・榑林定治「療友」(民主文学9月号) ・民文同盟の分裂問題について ・藤咲徳治「桜トンネルの春」(民主文学9月号) ・能村三千代「ヨシ乃さん」(民主文学9月号) ・高橋篤子「二つの塑像」(民主文学9月号) ・ふたたび吉良よし子 ・関 二郎「水切り」(民主文学9月号) ・有田 博「救急入院」(民主文学9月号) ・仙洞田一彦「ヒルズ」(民主文学9月号) ・竹内理論 ・宮崎駿アニメ「風立ちぬ」 ・虐殺証拠写真の件 ・「はだしのゲン」 ・物語と思想(「揺れる海」) ・読者の皆さんへ ・セクハラ ・拍手に感謝 ・「1Q84」 ・「無機質な腐敗」再読 ・内田樹から、吉良よし子を考える ・「霧の中の工場」再読 ・参議院選挙結果について ・誰に宛てて書くのか(「揺れる海」) ・「ユニオン!」をめぐって ・「ロリータ」 ・H・G・ウエルズ(1866-1946) ・太田昌国 ・ウェスカーからどこかへ ・「聖痕」および、井上、桜作品 ・吉良よし子 ・中核派の檄文 ・草薙秀一「翔太の夏」(民主文学8月号) ・青木陽子「揺れる海」(民主文学8月号) ・能島龍三「生きる」(民主文学8月号) ・蓮池 薫 「拉致と決断」 新潮社 ・「週刊ポスト」による都議選結果評 ・3.11と文学 ・村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 ・都議選結果について ・古本屋通信さんへ 12 ・古本屋通信さんへ 11 ・イリイッチ(伊里一智)について ・入江秀子「まっすぐ顔を上げて」(民主文学7月号) ・小宮次郎「虹の橋」(民主文学7月号) ・もりたともまつ「六十七年目の潮路」(民主文学7月号) ・高林正夫「爪」(民主文学7月号) ・梅崎萌子「桜の木のあるところ」(民主文学7月号) ・芝田敏之「人気投票」(民主文学7月号) ・劉暁波 原発 ・古本屋通信さんへ 10 ・不破哲三「新・日本共産党綱領を読む」批判 ・日本共産党への質問状 ・望月笑子「無機質な腐敗」 ・永沢 滉「霧の中の工場」 ・橋下徹「慰安婦発言」について ・古本屋通信さんへ 9 ・50億年後の太陽消滅について ・内田 樹「壊れゆく日本という国」 ・笹本敦史「ユニオン!」 ・筒井康隆「聖痕」 ・尖閣周辺海域漁業協定について ・古本屋通信さんへ 8 ・「わだかまる」再読 ・風見梢太郎「収束作業」 ・古本屋通信さんへ 7 ・仙洞田一彦「砂の家」 ・古本屋通信さんへ 6 ・青木資二「ステップ」 ・田島 一「二つの城」 ・あこがれ ・古本屋通信さんへ 5 ・石崎徹について ・「鐘」改稿5 ・日本共産党について(緑の党) ・日本共産党について(経済) ・緑の党 ・日本共産党について(社会民主主義) ・領土問題 ・日本共産党について(領土問題) ・日本共産党について(世論) ・日本共産党について(前衛) ・日本共産党について(市民運動) ・日本共産党について(確かな野党) ・古本屋通信さんへ 4 ・古本屋通信さんへ 3 ・日本共産党について(田口理論) ・古本屋通信さんへ 2 ・日本共産党について(民主集中制) ・黒田夏子「abさんご」 ・「ひきこもり」に関する独り言 ・くにさだきみのことなど ・七誌さんのこと ・カテゴリーを増やしました ・「まがね54号」感想  野村邦子 ・最上 裕 「陸橋を渡る足音」 ・丹羽郁生 「道」 ・櫂悦子、新船海三郎、三浦健治をめぐって ・声  石崎明子 ・小岩井にて  石崎明子 ・ナベタくん ・鬼藤千春「掌編四題」 ・桜 高志「認知症の母」 ・野中秋子「小説が出来ない」 ・井上 淳「ある婚活の場景」 ・田中俊明「滅亡の序曲」 ・妹尾倫良「カワセミ」 ・長瀬佳代子「沈丁花」 ・まがね54号 ・笹本敦史「わだかまる」(とりあえず初読の印象) ・古本屋通信さんへ 1 ・石崎明子の作品 ・音楽  石崎明子 ・白樺  石崎明子 ・アンジェーーAngersーー 石崎明子 ▼もっと見る

プロフィール

まがねとおる

Author:まがねとおる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

RSS

全エントリー一覧